[携帯モード] [URL送信]

古き記憶の再生
双子に質問してみた。
[--] ようこそいらっしゃいました。お2人とも、今日はよろしくお願いします。

優紀「……早くして」

柚木「まあまあ。」




[01] お名前をひとりずつお願いします。

優紀「藤崎、優紀…」

柚木「藤崎柚木だ」





[02] 簡単にで構いませんので、相手の紹介をお願いします。

優紀「…………めんどくさ」

柚木「お前絶対俺のこと兄とは思ってねぇだろ」

優紀「私の双子の兄。以上」

柚木「(兄として悲しいぞ、おい)俺の双子の妹で唯一の肉親だ」



[03] どちらがお兄/姉さんですか?

柚木「俺だな」

優紀「精神年齢は私の方が上だけどね。」

柚木「お前毒吐くのやめろよ!?」



[04] お2人の見分け方を教えてください。

優紀「いつもメガネ掛けてるから、双子とは思わないけど……外したら前髪の位置、だったっけ」

柚木「お前が男装してたらな」




[05] お互いの得意なこと・不得意なことを教えてください。

優紀「柚木は、料理と整理整頓がダメ。というかキッチンに入らせたくない、絶対に。得意なのは、ノーブレスで思った事を言う事」

柚木「そんなにか!?てか得意可笑しくねぇか!?他にあるだろ!?
えーっと……優紀の不得意は、裁縫だな。縫い付けることは出来るが、糸を通すのがダメだ。得意な事は料理と整理整頓、とにかく家事全般だ。」

優紀「何で糸通すだけで神経使わなきゃいけない訳?」

柚木「いや神経使わねぇからな!?」




[06] 仲はいい方ですか?

優紀「まあ……仲いいんじゃない?良くなかったら、もっと毒吐いてる」

柚木「あぁ良かった!!仲良くて良かったぁ!!仲良き事は美しきかなぁああああ!!!!」

優紀「…………」

[07] お兄/姉さんはよく言われることはありますか?

柚木「特にはねぇよ?まず、優紀はこんなだからな。」

優紀「目立ちたくないだけだし。お願いだから、目立った行動だけはしないでね」

柚木「だけを強調して言うなよ!!」


[08] 弟/妹さんはよく言われることはありますか?


優紀「上と同文」


[09] お2人は周りから比較されたりしますか?

優紀「小さい時はよく比較された。妹さんの方がしっかりしてるねって。兄なんだから、しっかりしてよ。」

柚木「いつの話を掘り返してんだ!!」



[10] (↑続き)モノによるかと思いますが、比較されること自体を快く思っていますか?

優紀/柚木「「やな気分になるわボケ」」




[11] 間違えられることはしょっちゅうありますか?

優紀「あり過ぎてやだ。」

柚木「なんか……心にグサッと来たような……あれ、目から水が流れてる。何でだろ」

優紀「涙も分からないの、柚木」

柚木「心が痛いぃぃぃぃぃ…」

優紀「次行って」




[12] お揃いの物や洋服は持っていますか?

優紀「あるとすれば、左右対象のピアス」

柚木「俺が青で、優紀が黒だったよな。」

優紀「うん、そうだよ。そのピアスには私達だけがわかる紋章があるし、オーダーメイドだからね」




[13] 趣味はそれぞれ何でしょうか。まったく違うものですか?

柚木「せーので言うぞ。せーの」

優紀/柚木「「読書/ガーデニング」」

柚木「っておい!!普通は、同じ事言うだろ!!」

優紀「私は家の中なら何処でもいい。」

柚木「外じゃねぇんかい!!」




[14] ご職業を伺ってもよろしいですか?

優紀「学生」

柚木「まあ、後に……な」

優紀「言わないで……」




[15] 相手のフリをして誰かを騙した経験はありますか?

優紀「物語上であるかもね。多分」

柚木「お前人を騙すの得意だよな。イイ性格してるぜ、ホント」




[16] 日頃から相手のことを気にしていますか?

優紀「気にし過ぎて気が気じゃない。柚木はヘナチョコのアイツと一緒だから」

柚木「比べ方おかしいだろ!?
俺は、無茶しないか心配だ。優紀はこう見えて、仲間思いな所があるからな」

優紀「かかと落とししていい?」

柚木「何でだ!?」




[17] 相手の気に入っているところ・これだけはちょっと許せないと言うところを教えてください。

優紀「いつも一緒に居てくれること、許せないのは部屋を片付けろ。」

柚木「仕方ねぇだろ!?整理整頓だけは苦手なんだからよ…俺も優紀と同じだ、許せないのは……勝手に俺の部屋を掃除しちまうって事だ!!」

優紀「片付けない柚木が悪い」

柚木「反省はしてるが勝手に片付けないで欲しいんだが……」

優紀「ムリ」

柚木「Σ(|||▽||| )」




[18] ケンカはしますか?

優紀「しょうもない事でケンカはする」

柚木「何で小さい事でケンカすんだろーな。俺達」

優紀「心が狭いんじゃない?」

柚木「(それ自分も含めて言ってるのか!?)」




[19] 双子として生まれたことにどう思っていますか?

優紀「双子以外は多分無理だと思う。想像つかない」

柚木「俺もかな、優紀と双子に生まれて良かった。」

優紀「二回目の人生だけどね」

柚木「それ言っちゃダメだろ……」




[20] 最後に、お2人でメッセージを交わしてください。

優紀「いつでも、私を頼れ。」

柚木「そっちこそ、な。」




[--] お疲れ様でした。これからも仲良く過ごしてくださいね。

優紀「やっと終わった、早く帰って小説の続き読みたい」

柚木「お前そればっかだよな。(本棚買わねぇと、あと……改築しねぇとな、家を)」




(提供元:あなぐら様)

[*前へ]

3/3ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!