[携帯モード] [URL送信]






そんなヨウに恋心を抱いていることに気付いたのは、いつだったっけか。……そんなの、もう、忘れた。
でもおれはその時初めて、自分が誰に告白されても心動かされない、その理由を知ったんだ。


『やっぱ女はいいよな。柔らかいしイイ匂いするし』


でもヨウは、普通に女が好きで。
かなりモテて。
男なんか、好きじゃなくて。

――男が男を好きなんて、おかしいだろ?
それにおれたちは、幼なじみで親友で、相棒なんだ。

そう思って、なんとかヨウへの想いを消そうとした。
そのために、色んな子と付き合って、色んな女を抱いた。

でも、だめだった。
どんな子と付き合っても、どんな女を抱いても。
ヨウの隣が、やっぱりおれは、一番好きで。


(伝えなきゃ、いいよな?)
(想ってるだけなら、)
(許される、よな?)


そう自分に言い聞かせ、おれは、今まで暮らしてきた。
ヨウがおれに、笑ってくれる。
そんな苦しくも幸せな生活が、この先ずっと続くって。
ずっとヨウの隣にいることを許されるって。
何の疑いもなく、信じていた。


なのに。



『俺、アメリカ行くわ』


1週間に、ヨウはそうおれに打ち明けた。

ヨウの夢は、日本でプロのバスケット選手として活躍すること。
夢を叶えるために、渡米して本場のバスケを見てきたいという。
向こうに親父さんの知り合いがいて、面倒みてもらうとか。


『お前なんかに遅れとれるかよ』


なんで、どうしてと戸惑うおれに、ヨウはそう少し悔しそうに笑った。
おれの夢は、ミュージシャンになること。
バンドももう2年前に結成した。
高校卒業後、某プロダクションにお世話になることになっている。

もちろんおれは、ヨウがアメリカにいっちまうなんて嫌だった。
出来ることなら、引き止めたかった。
行くなよって。
そばにいてくれよって。


でも、ヨウのヤツが、笑うから。


『アメリカ、行きてえんだ』


笑って、言うから。
おれは、頷いてしまった。
ほんとは離れたくないのに。
応援、してしまった。


そして今日、ヨウは、住み慣れたこの小さな町を、去る。




「……情けねー面してんなよ」


ヨウが笑った。
いつもとおんなじ、笑顔。


「たった3年だろ?もしかしたらすぐに追い出されるかもしんねえし」


ヨウは、親父さんの知り合いと、初めに約束したらしい。
3年したら、必ず日本に帰る。
プロになる素質がないようなら、すぐにでも出ていくと。


「……3年て、……長いんだぞ」


お前のいない、3年なんて。


「すぐに帰ってくるかもな?」


くつくつ笑うヨウ。
んなこと、思ってもねえくせに。


「……それはねーだろ」
「へえ、なんで」
「……おれの相棒は、んなタマじゃない」


相棒。
そう言うと、ヨウはぽかんとした表情をした。
……ちょっと可愛いなこの野郎。
(これぞ俗に言う、惚れた弱みってヤツだ)
ヨウは、やがていつものような余裕な笑顔を見せて言う。


「……ずいぶん高くかわれちゃってんのな、俺ってば」
「……そうだな」
「ま、事実だけど」


にやにや。
ヨウは、笑う。
いつもの、自信家。自信に満ちた、その笑顔。
まぶしい。
(はなれたく、ない、)


「……なあ、」


おれは、おれらの後ろに広がる、向日葵畑を振り返った。
ホームのすぐ後ろに広がる、黄色い世界。
陽の光を浴びて、まぶしい。

おれは、その向日葵畑の方へ近づいた。
ホームと向日葵畑を分けるための古い背の低い柵の間から、いくつもの向日葵がホームへ顔を出している。


「なんだよ?」


後ろから追いかけてくる、ヨウの声。
柵の前に来ると、おれは腰を屈めた。
向日葵の一つに、触れる。


「お前は……変わらないよな?」


日差しが、眩しい。向日葵が、綺麗すぎる。


「お前は、変わらないよな?何年経ったって、きっと」
「……」


女々しいのは、自分でもよくわかってた。
それでも、縋らずにはいられなかったんだ。
物や人は、時とともに変わりゆくものだということを知らないほど、おれはもう、幼くはなかった。


「……くだらねえこと聞くな」


少しの間の後、ヨウはそうおれの言葉を切り捨てた。
呆れられたかな、と、じくじく痛む心臓。


「何年経ったって俺は俺だ。変わるわけねえだろうが」


ヨウの続けた言葉に、簡単に安堵してしまうおれは、愚かなのかもしれない。
でも、すげー悔しいけど、おれの中じゃヨウが黒だと言えば白も黒なんだから、仕方ないよな。


「……そうか」


おれは、笑った。
もう、そろそろ時間だろうか。
時計を見る気にはなれなかったけど、そう思った。
(お前が、いつものお前のままでいてくれたから、)






















[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!