[携帯モード] [URL送信]





目に、焼き付ける。

青い空。
白い入道雲。
風に揺れる向日葵。



耳に、植え付ける。

蝉の声。
子供たちの幼い戯れ合い。
風に揺れる向日葵の音色。



焼き付けたいのも、植え付けたいのも。
全部、大事だから。



何気ないそんなモンが、すげえ大事に思えんのは。
なあ、いつだってきっと、お前がいたからだったんだ。





向 日 葵










「ユキ?」


おれを呼ぶ幼なじみの声に、おれはそっちに意識を戻した。はっとする。ぼおっとしちまった。


「ん?」


それを隠して、おれはいつもみたいに、笑う。
笑いながらヨウの方を見れば、その整った顔が結構近くにあって、おれは少し驚いた。


「何ぼおっとしてンだよ、ユキ」


「すっげえアホ面だったぞ」と続けたヨウ。
そのぼおっとしてたおれを怪訝がるようなヨウの表情に、笑みが溢れる。


あー、いつもどおりの、ヨウだ。
だから、おれも。


「……心配した?」


茶化すように笑うと、ヨウは、「くだらねー」、と笑った。
被っていたキャップを一度とる。艶やかな黒い髪が露になった。
そして不意に、同じ色の切れ長の瞳が、不快そうに歪む。
なんだ?具合悪いのか?


「……あちぃ」
「……」


問うより前に、ヨウはその不快そうな表情の原因を口にした。
どうやら、暑いのが原因だったらしい。
納得。こいつ、暑いのダメなんだもんなあ。


「ああ、暑いな」


相づちを打つ。
ヨウは、外したキャップで自分の顔を扇いだ。
少しの沈黙。また、ヨウが言う。


「……ユキ、喉渇いた」
「渇いたな」
「……これ、蓋開けろ」
「自分でやれよ、ばか」


しかも命令口調か。
ヨウは、「めんどくせー」と悪態をつく。
でも、喉の渇きにたえられないのか、キャップをおれに押し付けた。
そして、片手に面倒くさそうに持ってた、ペットボトルの蓋を開け、口をつけた。
おれはその光景にある種の感動を覚える。


(珍しい。ヨウが大人しく言うこと聞くなんて)


まあ、キャップを当然の如く人に押し付けるあたりは、いつもどおりの俺様だな。おれはヨウに気付かれないように、苦笑した。
ヨウは、ごくごく音をたて、水を飲んでいく。喉仏が、何度も大きく動く。
その日の光にさらされた喉を、汗が一筋、伝い落ちていった。


「……うまい?」


問うと、頷く。満足そうに、目なんか細めちゃってまあ。
おれは肩をすくめて、自分もペットボトルの蓋を片手で開けた。そして、ペットボトルに口をつける。


「……っあー…、うめえ」


オヤジみたいな声を漏らし、濡れた唇を手の甲で乱暴に拭うヨウ。
喉を潤しながら横目でそんなヨウを見ていた俺の横で、ヨウはカラになったペットボトルを片手に、あたりを見渡す。
すぐに古びた駅のホームの片隅にあるゴミ箱を見つけたようで、ラッキー、と笑った。


「よっ」


ペットボトルを投げるヨウ。
それは、その手を離れると、綺麗な放物線を描き、ゴミ箱の中に収まった。それに、「よっしゃ」とガッツポーズをするヨウ。
おれはそんなヨウに、穏やかな気持ちで笑う。

昔からだけど、ヨウのこういうトコ、まじでガキっぽいと思う。


「何笑ってンだよ」


不機嫌そうに言うヨウ。
「別になんでもねーよ」と誤魔化し、おれは何気なく視線を上へと向けた。
そして、すぐに猛烈に後悔する。


「っ……」


それまでの穏やかな気持ちが嘘のように、沈み込んだ。
理由は単純明快。視線の先には、古くなって汚れた、時計があったからだ。


「……あと15分か」


どうやら、ヨウも時計に目をやったらしい。
そんな呟きに、ずきずき胸が痛む。

15、分。

短ぇよ、短すぎる。
そう思った。
でも。


「長ぇな」


でも、そんなヨウの言葉が聞こえてきて、おれは何も言えなくなって、たまらず視線を下にやる。
こいつにとって、夢に向かう旅立ち前の15分は長いもの。
そりゃそうだと思うのに、悲しかった。


「……ああ」


なんとか相槌を打って、小さく俯く。
ヨウに悟られないように、下を向いたその目に映ったのは、線路。
真夏の太陽の下で、どこか遠くの町へ繋がる線路。


(ヨウが、旅立つ道、)


……見たくない。時計も、線路も。
上にも下にも逃げ場はなく、おれは仕方なしに、ゆっくりと前を向いた。


「…………長ぇ」


そんなおれの横で、また同じような呟きを落とすヨウ。
おれは、ただ黙って前を見ていた。
そうすることしか、出来なかった。




おれとおれの幼なじみのヨウは、生まれた時からずっと一緒だった。
家族ぐるみで仲が良くて、おれらはまるで兄弟みたいに育てられた。


ガキの頃から、口が悪くて、頑固で、意地っ張りで、喧嘩っぱやいヨウに振り回されることは多かった。
何度も派手な喧嘩もしたけど、それでもおれたちはそばにいた。
おれにとっての一番好きな場所は、いつもヨウの隣だった。






















[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!