[携帯モード] [URL送信]







* * * * * *



「んーっ」


降り立ったホームには、いつものことながら誰もいなかった。
おれは夏の風を感じながら、一人大きく、伸びをする。
2時間以上かけての都会への毎日の通勤は、地味につらい。疲れていた全身が、伸びによっていくらか楽になる。


「……今日も晴れてんなァ」


おれは、右手で影を作りながら、空を仰いだ。
真夏日の空は青く、入道雲が浮いている。陽の光が強烈に目に焼きついて、おれは瞬きを繰り返した。


おれは今年、21になった。
予定通り高校卒業後、おれたちのバンドはすぐにメジャーデビューした。
男4人のバンドで、おれの担当はドラム。
最近ようやく、軌道に乗ってきたところだ。


「……あ、」


後ろを見れば、向日葵がちょうど満開だった。さあああ、と爽やかな音をたてながら、風に揺れる。
今年も、もうそんな季節だ。
向かい側のホームに電車が来て、ゴッと、強い風が吹いた。
それにあの日を思いだし、おれは静かに、目を閉じる。


青い空。
白い入道雲。
蝉の声。
揺れる向日葵。
あの笑顔、涙。


刻まれた記憶の中で、彼は17のまま。
それでも町は少し変わり、ダチもみんな少しずつ変わってしまった。
あれから、もう4年が経ったのだ。


なのに、約束はまだ果たされていない。


「……ヨウ……」


呼んだのは、今も変わらず、愛しい人。
お前は今でも、あの約束を、覚えているだろうか。


「……閉まる扉にご注意ください」


昔から変わらない少しひび割れたアナウンスが、反対側のホームから聞こえた。
それに目を開けたおれの耳に、止まってた電車の扉が閉る音。
ゆっくりと動き出す車体。
おれは電車を見送るのではなく、なんとなく、本当になんとなく、ホームを見ていた。

 電車が去った、その後に、彼がいればいいなんて。
淡い期待を持ったのは、あまりに今日の空気が、あの日に似ていたから。


「……いるわけ、ねーっての」

それでも、目は離せなかった。
電車がゆっくりと、走り去っていく。
どんどん加速して、速くなっていって、最後尾が、おれの視界を横断して。
 

「……!」


心臓が、止まるかと思った。
電車が去ったホームには、一つの影。
大分大人びたが、見間違うはずもない、黒髪。昔よりもしっかりした体。意志の強い、瞳。


彼はおれには気付いていないようで、その手に、どこから持ってきたのか、向日葵を持っていた。




「ちょ、ちょっと君ッ!」


気付けば、おれは走り出していた。
改札を凄まじい勢いで抜け、反対側のホームへ急ぐ。
改札を勝手に潜り抜け、駅員の制止を無視し、ホームへ出た。


そこには、やっぱり、彼が――おれの大好きな、あいつがいて。


「ヨウっ!」


その名を叫んで、駆け寄った。
弾かれたようにこっちを見るその目がおれを捉えた瞬間、見開かれる。
そのままの勢いで、抱き締めた。

何も言わず強く抱き締めていると、ヨウが躊躇いがちに、おれを呼んだ。


「……ユキ?」


耳に届くその声が。
鼻をくすぐるその匂いが。
服越しに感じるその体温が、懐かしくてただ愛しくて。
涙腺がなくなったみたいに、涙が溢れ出した。


「……ッばかってめえ約束違ぇじゃねえかよ!どこの世界の3年だ!」


泣きながら、怒鳴る。
泣き顔なんか見られたくなくて、離したらこいつが消えてしまう気がして、もっと強く抱き締めると、何も言わなかったヨウが、腕の中で言った。


「……なに、お前、泣いてんの?」
「うっせえよ、誰のせいだと思ってんだよばかやろー……ッ!」
「俺のせいか」
「他に、……他に、誰がいんだよ……っ」
「そだな、……悪い」


そして、おれを抱き締め返して、もう一度言った。悪い、ごめんな。
おれは溢れ出す想いに任せ、言う。


「……待ってたんだぞ」
「ああ」
「ミュージシャンにもなった」
「ああ」
「なのにお前……っ」
「悪かったよ」


ヨウがおれの腕の中から出る。
そして、向日葵を揺らしながら、笑う。
いつもそうだ。
いつもいつも、この笑顔には、結局勝てやしない。


「俺も、夢掴んだから」


待たせて、ごめんな、と。
今度はヨウから抱きついてきて、おれは驚いた。
が、今度はゆっくり、優しく抱き締めた。
想いをこめて。


「ヨウ……」


やっと、逢えた。
とくん、とくん。お互いの心臓の音が、重なる。
まるで、それが当たり前のことみたいに。

ああ、今なら、言えるかな。
ずっと言えなかった、想いを。


「ヨウ……」
「ん?」


ヨウは、くすぐったそうに小さくみじろぐ。
その仕草が、愛しい。
愛しい。いとしい。
ずっとあいたかった。恋しかった。
ずっとずっとずっと、おれは、お前が、


「好きだ」


だからもう、離れんな。
そう小さく囁くと、ぴくりと反応する体。


(……気持ち、悪ィって、思われたかな)


ふと、不安が過ったが、そんな不安をよそに、すぐにヨウはおれを見て、笑った。
いつもの、向日葵みたいな、笑顔で。


「言うのおせーんだよ、ばァか」


そんな可愛くないこと言うから、おれは耳が赤いヨウを、強く抱き締めた。
腕の中でヨウが笑う。だからおれも笑った。
もう、ずっと離さない。






「好きだ」






ヨウの腕の中で、向日葵が、風に揺れていた。











向 日 葵
(おかえり、やっと言えたね)





鱗ボーイズ様に投稿させていただきました!
ところどころ修正入ってますが(汗)
ありがとうございました!


シチュエーションrank
↑参加させて頂いています。





























[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!