[携帯モード] [URL送信]

(´Д`)ノ小説
カノモモ

「キサラギ!!おはよう!!」

「おはようマリーちゃん」

いつものアジトで挨拶を

「あ、カノ!!おはようっ」

「あぁ、おはよう、マリー、キサラギちゃん」

「…おはようございます……。」

そういうとモモはその場から離れた。

「…最近、キサラギどうしたのかな…?カノ、喧嘩したの…?」

「さぁ…?」


にやにやと笑った。


えー、モモの様子がおかしいわけについて遡る。



1週間前、モモがサイン色紙を大量に抱えてた。

そこにカノがきて、急にびっくりしたのか、モモはサイン色紙を落としてしまった。

大丈夫?と拾うのを手伝うカノ

はいっとカノが色紙をモモに手渡したとき、カノとモモの顔がすごい近い距離になり、2人は黙りこんだ。



そして、カノがモモにキスをしたのだ。



で、現在。

「気まずいなう……。」

なにせ、今まで彼氏なんていなかったからファーストキスだったし、相手もカノさんだし、気まずいよ…



つか、なんであんなに普通なの??カノさんっ!!


なに、キスは挨拶☆みたいな?

こんなに迷ってるあたしが馬鹿みたい。









[キサラギちゃん、顔に出過ぎ。…つか鈍感すぎ!はやくコレが恋って分かってくれないかなぁ?]

[*前へ][次へ#]

5/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!