[携帯モード] [URL送信]

(´Д`)ノ小説
シンモモ

あたしのお兄ちゃん


あたしの兄貴はオタクでキモイしかも、ニートで高校も中退してるときた。

あたしはなんでこんな兄貴の妹なんだろうか。


「マリー…あぶないし俺がやるよ?」

「…大丈夫っ!!」

あーあ。ついにロイコンスキル発動か?やだやだ。


…つかマリーちゃん大丈夫なん?あんな重い荷物持って…。


あんなぐらぐらして…っ!!

「キャアァ!!」

荷物が崩れた!!マリーちゃん!

「マリーっ!!」

マリーちゃんをかばうように己の体を盾にした兄貴。

「シンタローっ!!大丈夫っ!?」

「それより…怪我ない!?」

うん。とマリーちゃん。

よかった。

その後のマリーちゃんの頭をぽんとなでてるのをみて、胸がざわついた。


昔はあたしにだけやってくれたのに…っ。


「キサラギ…っ!!シンタローって優しいね」


やめて…あいつは…

「あたしのお兄ちゃんだから」



初めて感じた、お兄ちゃんに対する嫉妬。

[*前へ][次へ#]

3/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!