[携帯モード] [URL送信]

(´Д`)ノ小説
スリル*(カノシン)


「シンタローくんっ♪♪」


どしっと如月シンタローの背に乗る、黒パーカーの青年、カノ。

「カノっ!?つか重ッ!!」


引きこもりの体は軟弱なのだ。
たぶん、マリーが乗っかっても体が悲鳴をあげるだろう。


「もーッ!!このぐらい耐えられないと、色々大変ですよ??イロイロね。」

「いいからっ!!はやくどけーッッ!!」


まぁいつもカノはシンタローで遊んでるので、最近は慣れたらしい。


翌日。

「シンタローくんっ♪♪♪」

「ちょっ!!あぶない!カノっ!!」

え?とカノが床においてあるシンタローのジャージを眼に焼き付ける時にはもう遅かった。


カノはシンタローのジャージで足元をすくわれた。


「あぶねぇ!!カノっ!!」


目をあけるとシンタローがカノの下敷きになっていた。

「シンタローくんっ!?大丈夫? 」

するとシンタローは静かに笑ってぽんとカノの頭をなで、大丈夫だよと答えた。


「シンタローくん。その顔は…反則」

カノは顔をシンタローの顔に近づけ

「カノ…っ!?んっ…」

18歳童貞如月シンタロー。



ディープなう。



「んっ…ん…!」


男なのにこんなにも声が出る。

恥ずかしくてしょうがない。


「カノ!エネが見てる、かもっ」

「大丈夫。欺けてるから。それにスリルがあって楽しいでしょ?」


スリル。


この少年を揺るがす言葉が


18歳童貞如月シンタローの処女を奪ったのはまた別の話。

[次へ#]

1/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!