[携帯モード] [URL送信]

ss
ごめんなさい


解散!という主将の声と共にメンバーがばらばらと帰り支度を始めた。俺も早く帰ろうとさっさと荷物を取り、グラウンドから出ようとしたときに突然肩をつかまれた。

「なぁお前さ、いつも一人で帰ってんの」
一瞬誰か分からなかった。
元希さんの方から初めて話しかけられた。少しうれしくて、返事をした声に妙に勢いが付いてしまった。
「は い!お、俺と同じ方向の奴いないんで」
「そっか。じゃあさ、一緒に帰るか」

いつも怖い元希さんだけど、俺は大好きだったからさっきより大きな声で返事をした。





「元希さん、どうやったらそんなに筋肉がつくんすか?俺筋トレしてるのに全然変わらないんです。」
「みんなと同じだけやってんならまだまだだかんな、他人以上にやんねぇと意味ないぜ」

そんな、理想の先輩後輩の会話が続く。
話してみるとこの人がどれだけ努力家なのかが伝わってくる。
この人となら自分もどこまでだって頑張れると思った。

「俺、元希さんと甲子園行きたい!」
思わず口にしたその言葉に元希さんは少し驚いていたけど、すぐに笑って頭をぐしゃぐしゃしてくれた。
「かわいいこと言うなこいつ!ついて来いよ、甲子園にだってどこにだって連れてってやるよ。」
その言葉は誰が言うよりも頼もしく俺の心に響いた。

「じゃあ、俺に出来ることはなんですか?」
もっともっと近づきたくて思い切って聞いてみた。
そうしたら元希さんは少し下を向いてぼそっとつぶやいた。
「俺を」

「支えてほしい」



「俺のが上なのにこんなこと言うの本当はやだけど」


ぽつぽつと言葉を紡いでいく。

「俺さぁ、これから、多分お前にひどいこといっぱいする」


「でもお前なら、受け止めてくれるって」




「信じてっから」








そのときは何がなんだか分からなかったけど、今思うと元希さんは元希さんなりにわかっていたんだろう。
そして受け入れられなかったことを、今更に後悔する。

自分は壁としか思われていないと思ってしまったとき、俺の方から元希さんを裏切っていたんだ。




END

[PREV][NEXT]

3/12ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!