[携帯モード] [URL送信]
複雑な関係?




「ルルーシュ先輩っ」

またか…

先日、このアッシュフォード学園に転入してきた、彼 ジノ・ヴァインベルグは皇帝直属の騎士、ナイトオブラウンズである。



彼は貴族のくせに人懐こくいつもべたべたくっついてくる。
今だって―



「ヴァインベルグ卿…重いんですが」
「ジノでいいって言ったでしょ?ルルーシュ先輩」


そう言われても…
大体、ヴァインベルグ卿に"先輩"何て呼ばれるのだっておかしいのに。


「あ、ルルーシュ先輩!スザクは?」
「あぁ、スザクならさっき教室に」

「ふぅーん」



それだけ言うと、ヴァインベルグ卿はまた後ろから俺に抱きついてきた。
さっきも言ったが、正直言うと、重い。
身長だって俺より確実に高いし―




「ヴァインベル―…」
「じの!分からない?」
「いや、そう言われても…」
「今度、ヴァインベルグって呼んだらお仕置きだからなっ」
「なっ…」
「なーんてね」





ヴァインベルグ卿―いや…
ジノは、そう言うとニカッと笑った。


その笑顔がとてもジノに似合っていて―






俺も思わず笑ってしまった。






(複雑な関係?)


(スザク、これ見て)
(ジノとルルーシュ?)
(そう。廊下で笑いながら見つめあってた。…ずっと。……正直気持ち悪い)
(ちょ、アーニャ!)



おしまい





無料HPエムペ!