[携帯モード] [URL送信]
青春
ああ、どうすればいいんだろう。
今、僕はとても大事な事で悩んでいる。


誰にも言えなくて…
1人で悩んでいる。


別に友達がいないわけじゃ…
…いないわけじゃないんだから。

まあ、それは置いといて。



「…あ」


ふと、僕が顔をあげると、目線の先には─
僕を悩ませている人物、ルルーシュ・ランペルージがいた。


「お、スザク。何してるんだ?」
「る、るるるるる、ルルーシュこそっ、何してるの?」


ポカンとしていた時にいきなり声をかけるもんだから、思わずすっとんきょうな声をあげてしまった。

もうっ、ルルーシュったら!
…じゃなくて。


これはチャンスじゃないか?



僕は自分にツッコミをいれながら、"これはチャンスだ"…という事に気付いた。
僕って天才?





「どうしたんだ?複雑な顔して」
「あ、あぁ…何でもないよっ!…それより、ルルーシュ今、暇?」

あまりにも、ルルーシュの顔が近すぎて、僕は頬を少し赤らめながら顔をそらし、そう言った。

─僕は、今日人生はじめての賭けをする…

かもしれない。



「あぁ?別に暇だが…」

不思議そうに答えるルルーシュ。

「良かった!…ちょっと付き合ってくんない?」
「別にいいが…」


やった!

僕は思わず、叫んだ。
ルルーシュには聞こえてないみたいだけど。

あー、ドキドキする。



そもそも、僕が何に悩んでいるのかと言うと─
それは "恋" の事で。


みんなもう分かると思うけど、僕はルルーシュが好き。
だから、今日はそれを伝えるんだ!

男が男を好き
なんておかしな話で。

─だからみんなに言えなかったんだ!



いろいろ考えながら、ルルーシュと一緒に歩く。
ちなみに今、僕逹は学校にいる。
すでに放課後なので、生徒はもういない。


僕とルルーシュだけ。




何、このシチュエーション!
…1人で興奮する僕。
困ってるルルーシュ。



「…ごめん」
「いや…どうしたんだ?スザク。今日おかしくないか?」

ルルーシュは気づいている。
そりゃ、いきなり焦ったり、複雑な顔したり、呼び出したりしたら誰だって気づくのは分かるけど。

もう、これならいっその事─

…ここで。



「ルルーシュ!僕、病気かもしれない。」
「…」

あああ、言っちゃったよ。
…でもあれ?
何かおかしくない?

ルルーシュ引いてるし。


「何の病気だよ」

絶対呆れてるよね、ルルーシュ。
でも、聞いてくれるルルーシュはやっぱり優しい。
「恋の病ってやつ」
「…」


僕は答えた。
それと同時に「あ、やばい!」と思った。

だってルルーシュ…
絶対怒ってる(泣)


「ルルーシュ?」
「お前、本当に病気なんじゃないのか。頭イカれてるぞ?いつも以上に」

ほら!
こんな風に酷い事をあっさり言うって事は
相当やばい?


「あ、ははは…そうかもしれない…ね。きっ、今日は家でゆっくりするよ!付き合わせてごめんね、ルルーシュ」



─人間、諦めが肝心。

あーあ。
こんな簡単に僕の初恋が終わるなんてね。








「青春の馬鹿ヤロー!」
「俺はお前が馬鹿だと思う」
「…」







無料HPエムペ!