[携帯モード] [URL送信]
 


軍の仕事が終わり、とりあえず特派に戻ろうとした時に僕は気付いた。


(ストーカーですが何か?)


僕の後に、知らない人の足音が聞こえる。


最初は偶然行く方向が一緒なだけだ、と思った。



でも少し走れば、同じように足音も早くなり、止まればガサガサと音がして足音も消える。




(これってストーカー?)


段々怖くなってきた。
歩くスピードも早くなる。


と、その時急ぎすぎて石につまづいた。

体制が崩れ、倒れそうになった時、聞き覚えのある声がする。


そして体を支えられた。




「…?」




静かに顔をあげるとそこにはジノがいた。




「じ、ジノ!!?」


「…あ」




しまった、という顔をしているジノ。




「ジノ、どういうつもり?」




僕のまわりには、明らかに黒いオーラが立ち込めていた。




「あ、いや…これは」


「ジノ。これは立派なストーカーだよ?」


「だってスザクが心配だったんだもん!」



だからってそんな事しなくても。

呆れていた僕に対しジノはまったく反省などしていなかった。



「これからもスザクをずっと見ているからな☆」






「一回くたばれ駄犬」









お題⇔だから僕は髪を切る。

―――☆
何が書きたかったんだ?

とりあえずジノ君ごめんね☆←

ドエスザクいいbb


無料HPエムペ!