[携帯モード] [URL送信]
チョコレート大作戦?

今日は2月13日。バレンタイン前日。

僕は、カレンダーと睨めっこしながら暫く悩んでいた。
それというのも、悩みの種はもちろん明日がバレンタインデーだからだ。
バレンタインデーは、女の子が男の子に思いを伝える日。
そもそも僕は女の子じゃないけれど、そこは気にしない。
ルルーシュにチョコをあげたいんだけどな…。

僕は、お菓子作りが苦手だ。
それがいくらチョコレートだったとしても、結局失敗して市販の物を渡すはめになってしまうだろう。
「うーん…」

一生懸命頭を回転させて、唸っていると後ろから聞き覚えのある声が…
「どうしたの?」
「か、会長!?」
そこにいたのは、生徒会長のミレイだった。
ちなみに僕は生徒会室にいる。だから、いてもおかしくはないのだけれど。

「カレンダーと睨めっこなんてしちゃって…。どうしたのかなー?と思って」
「あぁ、実は…」

会長になら言っても大丈夫だよね…多分。
そう思い、会長に全て説明した。
すると会長は、そんな事で悩んでいたの?相談してくれれば良かったのに!と、明るく声を上げてから、手伝ってあげるわよ!と言って、軽くウインクをした。

それから僕逹は2人でチョコレート作りをする事になった。
会長も、珍しく大事にしなかったから一安心。



**

それから2時間。

固めたりするのにはもちろん時間がかかったけれど、何とかチョコレートが完成した。
チョコペンで、デコレーションとかいうのも出来たし、絶対にルルーシュも喜んでくれるんじゃないかな。


とりあえずチョコレートは冷蔵庫にしまい、今度はラッピングを選ぶ。


「どんなのがいいのかな?」
「これなんかどう?」
「え!?」


会長が選んだのは、ピンクの包み紙で、ハート模様が印刷されているもの。

悪くはない…っていうか寧ろぴったりだけど…。

何か恥ずかしい。

「ははぁ〜ん。スザク君、恥ずかしいとか思ってる?」
「え…」

思いっきり図星で、返す言葉が見つからない。
すると会長は
「大丈夫よ!シャーリーも言ってたでしょ?恋はパワーなの。それに2人とも付き合ってるんだし!何今更恥ずかしがってんのよ」


そう言って僕の肩をバシッと叩いた。

「会長…」


その言葉に勇気をもらった僕は、さっきのピンクの包み紙を使う事にした。

明日のバレンタインデー…
成功させなきゃね。



**

そしてバレンタインデー当日。

チョコレートをきちんと包んで準備は万端。

仕事も今日はなくて…
朝からルルーシュに逢える!


色々考えていたらいつの間にか、クラブハウスの前についていた。


一息ついてから、クラブハウスのインターホンを鳴らす。
ルルーシュはすぐに出てきた。




「何だスザク。こんな時間に…仕事は?」

「今日はないよ!それより今日が何の日か知ってる?」



僕がそう言うとルルーシュは少し困りながらも、すぐに閃いた!と言うように顔をあげ「バレンタインデー…か?」と自信なさそうに言った。


「うん、大正解!」

明るい声でそう言うと、ルルーシュはホッとしたような表情を見せた。


「バレンタインデーがどうかしたのか?」

「うん…」



あれ、ルルーシュ気付いてないのかな。
ちょっと恥ずかしくなったけど、昨日の会長の言葉を思い出した。

恋はパワーなの…


「ルルーシュ、これ」

「これって…」



ピンクの包み紙で包まれた箱を見て、ちょっと驚いている。

「はじめて作ったから汚いけど…チョコレート…」



顔をそらしながら呟くと、いきなりルルーシュに抱きつかれた。


「ほえ?ルルーシュ?」

「有り難う、スザク。最近スザクが元気ないようで、寂しかったんだが大丈夫そうで良かった」


そう言って抱きしめる力を強めるルルーシュ。

多分僕が悩んでたのはバレンタインデーの事だな…。
そう言って小さく笑うと次の瞬間ルルーシュはとんでもない事を口にした。



「じゃあ、スザク。チョコレートプレイでも楽しむか?せっかくのバレンタインデーだしな(妖」

ちょうどチョコレートはうちにあるんだよ、そう付け足すと部屋につれていかれてしまった。


「え、ちょ、ルルーシュ!」


何故か体力がないはずのルルーシュから逃げる事が出来なくて…。


これから大変な事になりそうです。



終わり




あとがき

後半ぐだぐだですね…
無駄に長い…
恐れ入りながらもバレンタイン企画に参加させていただきました。



 


無料HPエムペ!