[携帯モード] [URL送信]
ちっちゃいスザク

ピンポーン…


朝早くに、俺の家のインターホンがなった。
今日は咲世子が出かけていて、出る者がいなかったから、仕方なく俺がでる事にした。


今、思えば出たのが俺で良かった―




ピンポーン、ピンポーン


「あー、分かってるから何回もならすな!煩い…」



ガチャ


そう言いながら、半ばキレ気味に勢いよくドアをあけるとそこには、ナイトオブラウンズのジノ・ヴァインベルグとアーニャ・アールストレイムがいた。


そしてもう1人…ジノの後ろに誰かがいる。


「どうしたんだ?こんな朝早くに…」

質問するとアーニャが

「ルルーシュ大変」

それだけポツリと呟いた。
正直無表情で言われても…
全然大変そうじゃないんだが―!



「何が大変なんだ?」

「…これ」



アーニャは、無表情のまま これ、と言ってジノの後ろにいる誰かを指差した。
よく見ると子供のようだ。
それ意外は分からないが、背が小さい。

しかし、その子供はなかなか顔を見せてはくれなかった。



俺が少し黙っていると、ジノが驚きの発言を…


「ほら"スザク"!この人が、ルルーシュだよ。」
「!?」


スザク?
ってあの、枢木スザクか!?

でも確実に子供だし…
当たり前だがスザクなら俺を知っている。わざわざ説明する意味もないだろう。



……ちらちらとスザクのような茶髪が見えるが。
スザクという茶髪の子供ならそこら返にいるだろう―多分。


しかしそんな考えすら、その子供の一言であっさり消えてしまった。



「枢木スザクだ!宜しく」
「…」



……。
さすがに枢木スザクと言われて認めないわけにはいかない。
声も…昔のスザクにそっくりだ。



俺はとりあえず3人を家に入れることにした。









無料HPエムペ!