[携帯モード] [URL送信]
ちっちゃいスザク02



「ここに座っていてくれ。飲み物でも用意する」


リビングに入り、3人をいすに座らせてから、俺はキッチンへと向かった。

俺たちはコーヒーで、スザクとアーニャはオレンジジュースでいいかな。






「それで…どういう事なんだ?」
「…」
「…」
「…」



「えっと…誰か話してくれないか(汗)」

煩いのは嫌だが、さすがに黙られるのも困る。
特に今はな。



「あぁ、ごめん!じゃあ私が話すけど…。実は昨日私たちは久しぶりに休みをもらったんだ。だから私とスザクとアーニャで遊んでたんだけど…そこにロイドさんが来てさー!いきなり変な薬を渡されたんだ。"とにかく飲んでみなぁ〜♪"とか言われて…。とりあえずジャンケンで負けたスザクに(無理矢理)飲ませたんだけど、朝起きたらスザクがちっちゃくなってたんだよー!」
「ちっちゃいスザク可愛いけど…記録」


(話長いな…)
まあ、とりあえず分かった。
ロイドとかいうやつが変な薬をスザクに飲ませて、それのせいでスザクはちっちゃくなってしまったんだな。



「それで何でうちに来たんだ?」
「ルルーシュなら治せるかなって思って!…うわ、苦っ!何で私だけコーヒー!?」


全く意味が分からん。
俺なら治せそうって…


「とりあえずロイドとかいうやつに聞いてみたらどうなんだ?」

「……。それ早く言ってよルルーシュ!」


こいつ…(怒)
俺は思わず、声に出しそうになったが、頑張って堪えた。
相手がラウンズじゃなければキレていたが。


しかし、ロイドとかいうやつも困ったもんだな。
一体何をやっているんだ…
平和だな、この野郎。


しかし、なおらなかったらどうするか。
ちっちゃいスザクも可愛いがさすがにちょっと―



…。


「このオレンジジュース美味いな」
「私にもちょっとちょーだい!」
「やだ。これは俺のだ」
「えー、けち」

「喧嘩してる、ジノと(ちっちゃい)スザク、記録」



…。


「ていうかちっちゃいスザクは一人称、俺なのか!可愛いな」
「可愛い!?黙れ三つ編み野郎」
「痛たっ!ひっぱるなよ、口悪いなぁ…でも可愛い」
「(バシッ)」
「いった!そんな全力で殴らなくても…」





「…お前ら出ていけっ!」
「記録」


まったく。
俺が必死になって考えてやっていたのにふざけやがって。
煩いやつらだな。

もう俺には関係ない。
ナナリーの部屋にでも行って来るか…


(ちっちゃいスザク)


「おかえりぃ〜楽しかったぁ〜?これ、昨日と同じ薬だけどぉ。飲めば元通りになれるよぉ」
「ありがとうございます!ほら、スザク飲め」
「嫌だ!お前が飲め」
「うわっ!ちょ…」



そして次の日―


ピンポーン


「またこんな朝早くに…誰だ…よ……」


ルルーシュの家の前にいたのは、スザクとアーニャ。
そしてちっちゃいジノだった。


「…」
「ルルーシュ、どうしよう!」
「知らん!」




(ちなみに、あの薬2日たてば効果が消えて元に戻るんだよぉ〜♪byロイド)



おしまい




無料HPエムペ!