[携帯モード] [URL送信]

RAPTORS

「誰だ!?」
 鋭い声で中から問われる。
「地の国の使者です。援軍を願いに参りました」
「使者だと?」
 がらりと、扉の小窓が開いた。
 窓から覗いた顔に見覚えがある。七年分、年を経た顔ではあるが。
 その顔は、驚いているようだ。
「女の使者とは珍しいな」
 …一瞬、縷紅は本気で考え込んだ。
 そして、茘枝のお蔭である今の自分の容姿をやっと思い出す。
「女だと思われるのなら、それで結構ですが…」
 恐ろしい事に、この数日で、女装に違和感を覚えなくなっていた。
「まあいい。入れ」
 扉が開かれる。
 一歩、中に足を踏み入れた。
 思わず立ち止まる。
 封じてきた記憶が、鮮やかな色を取り戻して溢れ出した。
 ――やはり、言うべきだ。
「どうした?」
 立ち止まっている縷紅を振り返って、男が問う。
「一つ伺っても?」
 男は頷く。
 縷紅は腰から剣を手に取った。
 鞘の付いた剣を肩の高さまで掲げて、彼は訊いた。
「この剣に見覚えは?」
 男は目を細めて首をひねる。
 しかし、やがて思い当たったように口を開いた。
「それはもしや、董凱(とうがい)の剣では…?」
 男は更に続けた。
「それはあの…紅髪(あかがみ)に授けられて、奴が持ち出した物。お前、奴を倒したのか!?」
「いいえ。――流石に貴方の記憶力は侮れた物ではない」
 縷紅は剣を元に戻し、衣に手をかけた。
「お久しぶりです。朋蔓(ほうまん)――」
「――?」
 頭から被っていた衣が、宙を滑り落ちた。
 代わりに紅色の髪が舞う。
「お前は――」
「故あってこのような格好をしておりますが、私は縷紅本人です」
 朋蔓の驚愕の表情は、やがて怒りに変わった。
「ついにお前が東軍を潰しに来たのか!?」
 怒鳴られた縷紅は、ゆるく首を横に振った。
 そして剣を再び手に取る――鞘が付いたままの剣を。
 朋蔓は刀を構えた。
 しかし縷紅は、剣を朋蔓に向けて投げていた。
 投げ渡された剣を片手で受け取る。
「何の真似だ?」
「一つ報告する事があります」
 静かに縷紅は言った。
「私は天の軍を退きました。今は地の王、黒鷹の許に居ます」
「何!?」
「証として剣を貴方に預けます。外には軍隊など居ませんよ。――董凱に会わせて頂けませんか」
「董凱に?」
「或いは、今の東軍のトップに。地を救い、天を倒す大望が今もあるのなら」
「お前が何と言おうが、我々を裏切って軍に入り、あまつさえ将軍になった奴に会わせられると思うか?」
「こんな台詞を言えた身じゃないのは分かっていますが…。私を信じて下さい。何なら私の手足を縛って頂いても構わない…」
 朋蔓は縷紅をじっと見た。
 彼の目は、動じない。
「…お前にそれだけの覚悟があるのなら」
 朋蔓は、縷紅の剣を抜いた。
 近付き、切先を彼の喉許にぴたりと付ける。
「斬るんですか?」
 落ち着いた声で縷紅は問うた。
「…お前の言葉に嘘は無いと思う。だが、根から信じる訳にはいかんからな」
 次の瞬間、朋蔓は刀を一閃させていた。




[*前へ][次へ#]

2/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!