[携帯モード] [URL送信]

RAPTORS
14

 夜中の急な呼び出しに、鶸は戸惑っている。
 それも、“誰にも内緒で”という条件付きなのだ。
 目の前に呼び出した張本人。
 黒鷹だ。
「何なんだ?」
 完全に声が眠たいものになっている。
 黒鷹は意味ありげに、にっと笑う。
「お前にプレゼントだ」
 急に目は冴える。
「俺に?くれるの?」
「ああ。お前にしかやれない」
 鶸の頭は急にフル回転を始めた。
 こんな時に、夜中、誰にも内緒で、二人っきり…その状況で、プレゼント。
 考え付く物は一つ。
 でも!ちょっと待ってくれ!!
「ぅぅぅ嬉しい…けど、な、うん。だけど、えぇと、何て言うか…心の準備が…って言うか、今のお前にまだ慣れてないし…いや、“今の”って変だな…えぇと、その、…お前の正体?いやちょっと違うか…」
「何言ってんだよお前?」
 本気で不思議そうな顔で覗き込まれる。
 瞬間、鶸は自分の顔が熱くなるのを感じた。
「ゴメン!!ホンットに悪いとは思うけど、まだ俺はお前が女だとは思えねぇんだよ!!だから…その…そういう付き合いは…」
 殆んど仰け反るようにして、顔も見れずに叫んだ本心は。
 しばらく呆気に取られた顔でまじまじと見られ。
 言ってしまった事にじわじわ後悔を感じ始めた頃。
 突然の爆笑に吹き飛ばされた。
「…な、なんだその笑いは…?」
 黒鷹は呼吸をするのもままらない程、苦しみながら笑っている。
 目に涙まで浮かばせて。
 酸欠になってヒィヒィ言っている。
 一方、今度は鶸が呆気に取られる番である。
 …何だかものすごーく恥ずかしくなりながら。
「な、何…?」
 混乱する頭で鶸はもう一度訊いた。
「だっ…おま…ちょ…苦し…」
 笑いを押さえるのに懸命で喋れていない。
 鶸はボーゼンと突っ立ったまま、笑い転げる黒鷹をしばらく見ていた。
 漸く少し笑いが引いて。
「はぁ…呼吸困難で殺す気かお前は…」
「し、知らねぇよ!!お前が一人で勝手に馬鹿笑いしてたんだろうが!?」
 鶸は珍しく尤もな反論をする。
 しかし全く効いていない。
「いやぁ傑作だぁ。人に言えねぇのが惜しいなぁ。いつか隼に教えてやろっと」
「ななな何がだよ!?笑われるような事言ったつもりは無ぇ…よ?俺…」
 だんだん自信が無くなってくる。
 恥ずかしい自覚ならあるが、それも黒鷹から言ってきた事なのに。
 何故だ!?
「何なんだよ、プレゼントって…!?」
「あぁ、お前の期待に添えなくて悪いなぁ。今度なんかそれなりの物…菓子でもいいか?渡してやるよ、義理だけど」
「どーゆー事だよ!?全ッ然分からねぇ!!」
「愛の告白じゃないから安心しろ」
「ち…違うのか?」
 黒鷹は自分で言った台詞にまた笑いを押さえている。
 一方、鶸は本気で驚いている。
「だって…有り得ね…ヒッ、どうしてお前に…ヒッ」
 笑い過ぎて引き吊っている。
「え?え!?じゃあ他の奴!?」
「違うわボケェ!!んなモンじゃねぇよ!!俺をそんな乙女だと思ってんじゃねぇ!!」
 怒鳴られたが、逆に。
「乙女…お前が……なんかトリハダ立った」
「…おい」
 難儀な少女である。
「…で、結局何なんだよ?」
 いい加減、鶸が本題に戻すと。
「お前に渡したいのはな…、ちゃんと受け取れよ?」
「あ?うん」
 貰える物は貰う主義である。
「ほんっとにちゃんと受け取れよ?返品不可だぞ?」
「分かったよ、返さねぇって。何?」
「ホントだな?」
「しっつこいなー。何でも貰うって」
 念を押しまくった上で黒鷹は頷き、
 そして言った。
「王位」
「…は?」
「お前にやる」
「……」
 しばらく鶸の全ての動きが、全思考が凍結して。
 徐々に溶けてくると。
「なんだってえぇぇぇ!?」
「返すなよ?じゃ」
 鶸の心の底からの叫びをさらっと無視して、黒鷹は去って行く。
 それも追う事が出来ない程に、鶸はぽかーんとしていた。



[*前へ]

14/14ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!