[携帯モード] [URL送信]

RAPTORS

 基地では、隼、緑葉、栄魅が、戦の結果を待っていた。
 栄魅は隼が残っているのを見て驚いたが、傷を見てからはいつ彼が刀を持って飛び出すか気が気ではない。
 よって、隼は緑葉の見張り、その隼は栄魅に見張られるという妙な構図が出来上がっている。
 それでも表面上は仲良く茶を飲んでいる。
 緑葉は緑葉で、この状況が気まずい事この上ない。自分は本来こんな事をしてはならない立場だし、目の前の女性は自分の正体を何も知らない。
 彼の事はただ「縷紅の友人」で通してある。
 一方隼は落ち着いている様に見えるが、内面は煮えている。今にも戦場まで走って行ってしまいたい自分を、ようやく押さえていた。
 戦場で戦いたいのは勿論だが、この状況の原因である縷紅を一発殴りたい衝動に駆られていた。
 三者三様の思いが、静けさとなって表れている。
 そんな中、外からぱたぱたと人の走る気配がした。
 やがて、一人の兵が三人の居る天幕の出口に現れた。
「どうした?」
 隼が問い掛ける。
 見ない顔だが、今彼らの味方は万に近い数だ。気にかける事も無い。
 この兵は根の軍の一人だろうと判断した。
「軍師殿が貴方様に手を借りたいと仰せです。馬を用意致しましたので我らに御同行願います」
「縷紅が?俺に?」
 ここに残れと言った張本人が今頃何を、そう思ったが、思い直して問い返した。
「俺の手が必要な程、あっちは切迫してるって事か?」
「はい、天の奇襲に合った模様です」
「奇襲…!?被害は!?」
「最小限に留まった様ですが、軍師殿が負傷され、代わりを貴方様に務めて頂きたい、と」
「…ったく、そんなに殴られたいのか…」
 “代わり”という言葉に多少カチンと来たが、口の端を吊り上げて自らの刀を取った。
 理由はともかく、戦場に行けるのが嬉しかった。
「大丈夫なの?怪我は」
 栄魅が隼の身支度を手伝いながら問い掛ける。
「そんな大した怪我じゃねぇって。こんな事頼んで来るって事は縷紅の方が深手なんだろ。見舞ってやらねぇとな」
 この“見舞い”のなんと物騒な事か。
「…私も行こうか?」
 心配になって思わず口走ってしまったが。
「何の役に立つんだよ?それよりこの客人の相手してろよ。…目ぇ離すなよ」
「…?分かった…けど、一体…」
 彼女が疑問を呈するより先に、隼は兵と外に出た。
 明るい日差しに目を細める。
 そこまで強い日差しではないが、天幕の中が薄暗かったせいだ。
 ふと、縷紅と初めて会った日を思い出す。
 城跡地の地下で出会い、互いに疑いながら黒鷹を追って地上に出た。
 その時も、今みたいに日の光が眩しく感じられたものだ。
 長い、地下での暮らしのせいでもあったろう。
 お陰で鬱屈した思いが溜まっていたのも確かだ。
 縷紅と互いに間者である事を疑っていた。今思うと無駄な心配だったなと、ふっと笑う。
 光に目が慣れたのだろうか。
 黒鷹が捕われて五年、文字通り水面下の活動をしてきた。
 天の者に気取られぬ様、地下に基地を張り巡らせ、夜間に動く。
 黒鷹の為に、また地の国の為に動いていたが、その黒鷹が生きて帰ってくるという保証はどこにも無かった。
 何も信じられる物が無く、闇の中に息する日々。
 黒鷹の生還は、徐々にその闇を溶かしていった。
 今、光の中で縷紅と共に戦っている。
 黒鷹を信じて。
「怪我をなされているのですか?」
 歩みながら兵が訊いてきた。
「余計な事に気を使うなよ。大した傷じゃないし」
 言いながら、無意識に腕を撫でた。
「腕…ですか」
 言われて、はっとして隼は撫でていた腕を引っ込めた。
「目敏いな、お前。…だが本当に心配は無用だ。刀も持てるし」
「ええ、利き手とは逆の様ですしね。しかしまだ痛むのでしょう」
「このくらい何ともない」
 隼は憮然として言った。他人に見透かされた様な口を利かれるのが面白くない。
 そんな彼の内心を知ってから知らずか、兵はにこりと笑った。
「着きましたよ」
「…着いた?」
 しかし、そこには馬など無い。ただ木々と野草があるだけの、林。
「何のつもりだ」
 隼は刀の柄を握った。
「アンタ、何者だ」
 兵の格好をした男は、再び微笑した。
 微笑して語らない。
 苛立ちながら隼が言う。
「とりあえず、その辺に隠れている奴らを出せ。不公平だろ」
 言うなり、かさりと音がして、木立に人影が現れた。
 人影はぐるりと隼を囲んでいる。
「で?俺に用だろ?さっさと言え」
「ならば――」
 隼の背後の人物が口を開いた。
 さっ、と向き直る。
 五十過ぎの、武装していない男だった。
「我々と共に来て頂きたい」
「どこへ…?」
「根の国」
「嫌なこった」
 あっさりと拒否。
「わざわざ体壊しに行くかバーカ」
 根の汚れた空気に触れる事で、今は潜んでいる病が表面化するのは必至だ。
「しかし死に至る事は無いでしょう」
「病気で大人しくなってくれた方が都合いいって?まるで人拐いだな」
 すっと刀を抜く。
「アンタら…根の王政派の連中か」
「いかにも。尤も今は反総帥派と言った所だが」
「今更、光爛の邪魔しようって算段か?前に一度使った手で?」
「否、今度は客人として扱う。貴殿自らの足で来て欲しい」
 別の、やや若い男が言った。
「何の為に?バッカじゃねぇの?」
 隼は嘲笑するが、相手は真剣だった。
「このまま全て光爛の思い通りになってもいいのか?」
「…何?」
「あの女が地を裏切らないとでも?」
「……」
 反論しようとした口を、閉じる。
 かつて、あれほど地を潰そうとした総帥。
 今、掌を返した様に同盟関係を結び、共に戦っているが。
 本心は――…
「…アホらし」
 くるりと来た方向に向き。
「疑いだしたらキリ無ぇじゃんかよ。裏切ったらその時どうにかすればいい。少なくとも、アンタらよりかはマシ」
 つかつかと去っていく。
「愚かだな…肉親への買いかぶりか」
 つ、と足を止めた瞬間。
 ターンという高い音が林の中にこだました。
 手刀が男の横にあった木の幹に、深々と刺さっている。
 投げた本人はしばらく感情の無い目でそれを見やって、
 やがて木々の中に消えた。


[*前へ]

8/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!