視線と憂い 5


















俺は佐助さんの後をついて行った。




認めたくないけど、佐助さんの大事な奴………

そいつは幸村の片恋の相手でもある。
そして幸村の側近になった。


幸村は権力を振りかざしたわけではないだろうが、佐助さんは我慢する結果になっているんだろう。


『この世界は縦社会』という言葉と、諦めたような苦笑い。


俺の居場所が守られて喜ぶべきなのに、あんな佐助さんを見て辛くなった………


認めたくないけど(何度でも言う)、自分の好きな奴が恋敵と一緒に時を過ごすなんて、佐助さんでも心中穏やかではないだろう?

いつも冷静な人が取り乱して涙を流させた相手なんだ、当然だよな………


傷ついているこの人を、


今すぐ抱き締めたい………






「………慶次」

「えっ!?あ、はい、」



手を伸ばしたら届く距離……
そんな下心を見透かされたみたいなタイミングで、心臓が跳ねた。



「ちょっと煙草吸う………」

「はい………」



虎のおやっさんの部屋へ向かうのかと思ったら、途中の中庭に面した渡り廊下で足を止めた。



「………ふぅ………」



佐助さんは、開けられた雨戸に寄り掛かって庭を眺めていた。



憂いた横顔………



どこか冷めているが、たまに慈愛を見せる、力強い光を秘めた切れ長の瞳。
意外に長い睫毛。
スッとした鼻筋。
たまに毒を吐く、作り笑いの多い唇。
俺より少し身長が低く、細い身体。



本当に手を伸ばしたらすぐ届く距離なのに、心はとても遠い。


俺を見て。
俺を選んで。


俺は貴方が欲しい。
俺は貴方が好きなんだよ。





「………どうした?」

「ぇ………」

「泣きそうな顔してるぜ?」

「…………」




泣きそうなのは貴方だろ?



「佐助さん………」

「ん?」



少し斜め上に視線を向けて俺を見ている。
段々目元に年齢を感じるようになった優しい瞳で俺を見ている。

今は俺だけを見ている………



「………疲れた顔してますよ」

「長距離走ったからかな……」

「俺が運転するって言ったのに聞かないから……」

「………そうかもな」



佐助さんは苦笑いをして視線を庭へと戻した。





「─────ッ」



俺は、本当に衝動的な行動をとった。



「佐助さん…………俺を……見て下さいッ」

「慶次…………」



佐助さんは俺の気持ちを知っているはずなのに、俺を邪険にしない優しさ。

俺は自惚れたくなる………

今、アイツは幸村と一緒だ。
それなら俺は入り込む余地はあるのか?
傷ついているこの人を、俺は
慰められるのか………?



「あ………まり無理されると………心配なんですよ……」



思わず抱き締めてしまってから、俺は苦しい言い訳をした。



「………俺はそんなにヤワじゃないっての」



佐助さんは俺の背中をぽんぽん叩いた。



この優しさは
辛く、幸せだ



このまま2人だけの時間が過ごせたら…………











「─────佐助」



幸村の声がして、



「…………ま……さ……」



目を向けるとそこには、

アイツの手を握り、肩を抱き寄せている幸村
幸村に身を預けているアイツ
泣いているのか?涙目だけど驚いているのは確かだ。


空気が凍るってこのことだよな………

俺は嫌な汗が吹き出すのを感じ、佐助さんから腕を解いて一歩離れた────────












.

[*前へ][次へ#]

5/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!