空白と空虚 12




















佐助と出会ったこの街は所々懐かしい箇所を覗かせているが、
政宗が暮らしていたあの頃とは変わってしまっている。




(そりゃ、15年も経ちゃ変わるよな………街並みも……人も………)




政宗は歩きながら左眼だけを動かして様子を伺っていた。




怖いものなど何もなく、肩で風を切って進んでいたあの頃………



直感だけで突っ走り、暴走が過ぎるようなら引き止めてくれた力強い手。

周囲の風当たりの強さも和らげてくれた頼もしい背中。

常に目を掛けてくれ、こちらに向けた穏やかな微笑み。

何より、安らぎと居場所と快感を与えてくれた腕の中………




(今は何がある………?)




街に吹く夜風が思いの外冷たく、
今ここにいない人を想い、心淋しくなっている政宗を余計に刺激した。




欲することは我儘であり、贅沢なのだろう。

頭の片隅では分かっていても感情は抑えられない。


自分を憶えていて、迎えに来てくれただけでも満足するべきか。

しかし、こんな想いをするくらいなら、過去の思い出のままであった方がマシだったのかもしれない。


15年という空白を埋めるように、

人目をはばからないくらいに求めたい。

そして、求めて欲しい………



けれどあの頃よりも臆病で、保守的になっている。


互いに歳を取ってしまったのだ………




意味がないと分かっていても、離れていた長い歳月を政宗は後悔した。




「このまま1人でいたら、気が変になる………ッ」



今にも泣き出してしまいそうな衝動を抑え、
目的の場所に目当ての人物がいるという保証はないのに
自然と歩く速度が上がっていた。









「─────ぁ…………」



政宗の視界に入ったのは、見覚えのある灯りだった。


会えるかもしれない


そんな期待が膨らみ、政宗は足早にその建物に近寄った。





「────………え?………もしかして、政宗様ッ!?」



長い年月経っても変わらない顔が政宗に気付き、声を荒げた─────











.

[*前へ][次へ#]

15/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!