建前と婉曲 4

















屋敷の奥へと続く廊下。

幸村は歩みを止めて、政宗を振り返った。




「政宗殿………本当に帰って来られましたね………おかえりなさい」

「ただいま…………」



ニッコリと微笑む幸村に、強張っていた政宗の顔も少し緩んだ。



「………騒がしくて疲れましたか?」

「いや………大丈夫だ」

「きっと政宗殿が戻られてお館様も喜ばれますよ」

「…………」



この先の部屋には、狙撃されて意識の戻らない組長である信玄が眠っている。



「政宗殿………」

「ん?」

「お館様に会われるのは辛いですか?顔色が優れません」

「……まぁ………元気で騒がしいオヤジの姿しか知らないから………怖いよ」



政宗は本音を零して俯いた。



「大丈夫ですよ………きっとお目覚めになりますから」



幸村は政宗を抱き寄せた。


「ゆ、き……………」



まさか幸村にこんな慰められ方をされるとは思わず、抵抗しかけたが、
自分より大きくなった幸村の腕の中が意外にも落ち着き、政宗は身を預けてしまった。



「………それまで俺がこの組を守りますから、政宗殿………俺の側近として支えて下さい」

「ッ…………」



幸村の言葉に政宗は目を見開いた。

けれど、動揺は見せないように………



「側近って………お前には佐助さんがいるだろう」

「えぇ、無論佐助も頼りにしてますが、それはそれです」



政宗は、佐助の部下として戻るのだと思っていたので、この展開は予想外だった。



「お前の下なんてそんな大出世………俺には………」

「いいんです………貴方は佐助の下で燻るにはもったいない方だし、上下など関係なく政宗殿と………」



言葉の途中で政宗は幸村の腕から抜け出した。



「幸村………ここは縦社会だ」

「…………」

「昔はガキだったから舎弟みたいにしてきたが、今は立場がある………」

「………はい」

「だから………お前が命じるのなら、俺は………お前に従うよ」

「………えぇ………分かりました」




佐助との関係を知りながら求める幸村。

上司と部下であることを主張する政宗。



お互い本音を隠した遠回しなやり取り。

笑顔は勿論作り物。



しかし、政宗はまだ知らない………


幸村が自分に好意を抱いているのは分かっていても、
それが独占欲と性欲を帯びた愛情だということを。





「………政宗殿………行きましょうか」

「あぁ…………」




再び、最奥の部屋へ歩みを進めた──────








.

[*前へ][次へ#]

4/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!