命令と従順 3


















まだ組内は普段の様子とまでいかないが、
佐助が帰ってきて統率したため、落ち着きを取り戻していた。




「フゥ………」



佐助は応接間のソファに身を投げだし、煙草をくわえた。



「お疲れっす」



慶次はテーブルにコーヒーを置く。



「サンキュ………」

「………スゴイ騒ぎでしたね………」

「まぁ…………大方予想はしてた……が、それ以上だったな」



佐助は苦笑いしながら煙を吐き出した。



「………けど、騒ぎになるのは仕方ないですよ」

「………」

「まだ俺だって納得出来てねぇし、連れ戻したタイミングも理由も意味が分からないし………」



佐助はちらりと慶次を見てから、目を閉じて大きく息を吐き出した。

慶次の一歩も引かないような強い眼差しに観念したかのように………




「………カリスマ性」

「え?」



佐助は重い口を開いた。




「今はアイツのカリスマ性が必要なんだ」

「………どういう………こと?」




佐助は身を起こして煙草を灰皿に押し付けた。


そのゆったりとした動きに慶次はもどかしさを感じるくらい、次の言葉が気になった。




「………アイツはさ、人を惹きつけるモンがあるんだよ」

「………」

「アイツの周りには必ず人が集まった………不思議と気になるっていうか、周りが放っておかないんだよな」



佐助は思わず笑みが零れてしまう。



「多少性格に難ありだが、つい………な」

「…………」




話を聞く相手は慶次なのに、佐助は遠くを見つめて独り言のように語る。



「まぁ………歳を取ってもそれは天性で変わらないだろう」

「それで………?」



ただの惚気にしか聞こえない話に慶次は傷つき、先を求めた。




「………大将が撃たれた今、跡目争いは避けられない」

「………」

「俺は自身ではなく、まだ若い旦那を推してるし、内部分裂は必至だろう」

「それはまぁ………」

「………まとめる力が必要なんだ………」



佐助は慶次を見つめた。




「今を乗り越えるには、揺るぎない結束力が必要なんだ」

「けど!」



慶次は動揺する。



「そんな、急に現れた奴が幹部なんて言ったら余計に反発するんじゃ!?」

「それが俺や旦那が認めた男でもか?」

「ッ…………」




佐助の目の色が変わり、慶次は背筋がゾクッとした。




「いい機会だ………不穏因子は排除して、この組はより強固なものにする」

「そ………れが目的で………?」

「…………」




佐助が時折見せる冷酷な視線が幾分和らいだ。



「アイツを知れば俺や旦那の言葉が理解出来るさ………」

「…………」




敢えて内部反発を起こして人員の選別を企てているような佐助に、慶次は恐れを感じた。




「それにな…………慶次」

「は………い……」

「ここは縦社会だ………上の言葉が絶対なんだ……」

「…………だから、佐助さんは幸村に…………」

「…………幸村、さんだろ?」




自嘲ともいえる苦笑いをして佐助は立ち上がった。



どこか淋しげな背中に、慶次は痛む胸と抱き締めたい欲求を抑えながらついていった。




幸村は、政宗を自分の側近として組に迎えたのだ───────










.

[*前へ][次へ#]

3/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!