喜びと妬み 1


















武田組は朝から騒ついて、どこか落ち着きのない雰囲気だった。




それもそのはず。



組長の信玄が撃たれて意識のない今、
一番の権力者である若頭の佐助が、自ら出迎えに行くような男がやってくるからだ。




それも『伝説の竜』と呼ばれる、過去には武勇伝を残した男…………



もう15年も昔のこと。


その当時を知る古株は「あいつかぁ〜」と、懐かしむように笑い、

知らない連中は、どんな人物なのか興味があり心待ちにする者、
噂ばかりが先行していて今更の出戻りに納得していない者がいた。




「気に入らねぇ………」



浮ついた他の組員を尻目に、不機嫌な慶次は、勿論後者である。



「何で………アイツなんだよ………」



佐助とのやり取りが頭から離れず、慶次は痛む胸を抑えた………







──────


今から数時間前のこと………



「え?何て………」

「だから、今日は俺1人で行くからお前は残れ」



突然の命令で慶次は頭が真っ白になった。




「え………いや………俺ってただの運転手じゃなくて、佐助さんの護衛も兼ねてるから………」

「いいよ………片道だけだし」

「ッ…………」



帰りは護衛になる男がいるから心配ない……
そんな言い回しと、軽く上がった口端を見て、慶次は背中がザワッとした。



「俺は………この位置は手放したくない」

「………」

「佐助さんの付き人だって譲る気はない!」

「慶次………」

「佐助さん………そばにいさせて下さい………ッ!」



慶次は泣きそうに悲痛の叫びをぶつけた。




「お前は頼りにしてる………とりあえず旦那の面倒見てな………あの人はアイツのことになると取り乱すから」

「……………はい」



佐助は否定も肯定もしなかった。

慶次は納得してないが新しい命令を受ける。

胸がズキズキ痛むから、それ以上は何も言えなかった………








──────


「……じ………慶次!」

「うわっ、あ………幸村………」

「どうした?体に似合わず小さくなって」



体育座りのように体を丸めて俯いていた慶次を幸村は笑った。



「………幸村………楽しそうだな」

「そうか?」

「………竜が戻ってくるからか……?」



幸村は慶次と向かい合うように腰を下ろした。



「まぁ………政宗殿が帰ってくるのは非常に喜ばしい………しかし、お前は佐助が居らぬと覇気がないなぁ」

「……………」



幸村と慶次は対称的だった。




「フフ………佐助を取られて拗ねているとは可愛げがあるな」

「………2つしか変わんないんだからガキ扱いすんなよ」

「20代と30代では大きく異なるぞ」

「………うるせぇ」



クスクス笑う幸村に慶次は膨れて、居心地の悪さを感じた。



「………どうしても欲しいのならば、手に入れれば良かろう………」

「えッ…………」



一瞬、悪寒が走り慶次はバッと幸村の方を向いた。




「頭が戻ってきたぞー」

「ッ!!!」



外から声が聞こえて慶次の意識は一気に変わる。



2人は勢いよく立ち上がった─────












.

[次へ#]

1/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!