雨音と行方  9.5※R指定
※裏要素ありなので閲覧注意。
読まなくても続きに影響なし。
















床の冷たさは微塵も感じられない。



唇を貪り、汗ばんでいく互いの身体をただ求め合った。



長年の飢えを………

隙間を………

身体全体で………

五感の全てで………



満たしていった─────





「は………ぁ………佐助さ………ん」



乳首を舌で転がされ、性器を扱かれて、
政宗は吐息混じりの声で佐助の名を呼んだ。



「ん〜?………お前、歳とったら感度良くなったんじゃないか?」

「ッ…………」

「どこ触っても感じてるしさ………もうこんなに濡れてるしね?」



佐助は、ぬるぬるした先走りで政宗の亀頭を指先で撫で回した。



「だっ…………て………俺………してないから………」

「嘘?………あの淫乱な政宗が?誰とも?」



佐助はニヤニヤと笑いながら尖った乳首を舌先でつついた。



「知ってるくせに………ッ!!」



政宗は顔を腕で隠したが、赤くなり悔しそうだった。



「そうだな………突き止めてからのこの二年間、誰とも付き合ってなかったしなぁ」

「…………だって………俺は………佐助さんが………」

「そうか…………」



一途に操を立てていた政宗に、佐助は胸がきゅんとしてしまい口元が緩んだ。




「口開けな………」

「ぁ………ん………」



政宗はうっとりとした表情で佐助の指を舐めた。



「大人の色気ってやつか?30過ぎたら淫らだな………」

「ン………佐助さんは、以前にも増して余裕なのがムカつく………」

「言うなぁ〜………でもさ、凄いそそるよ………」



佐助は政宗の口から指を抜き、股の間へと持っていった。



「─────待っ………」

「どうした………」




佐助の肩を押して、政宗は身を硬直させた。



「待って…………怖い………ッ」

「……………」





一度身体を繋いでしまったら………




「もう…………戻れなくなる………」

「………戻るんじゃなくて進むんだ…………お前は俺と共に生きろ」

「……………」



政宗は目を固く閉じた。




二度と失いたくない恐怖から、受け入れることを拒絶しているが、

目の前に差し出された手を拒める程に強くはなかった。



また失うことを恐れていても、それ以上に縋りたい想いは強いのだ。




「佐助さん…………」

「政宗…………」



目を開けると穏やかな笑みを浮かべた佐助。


欲しい………





「ンッ……………」



政宗は佐助の首に腕を回し、唇を重ねた。





二度と失いたくないという2つの想いが今、同じ方向を指したのだ…………













──────


「アッ……………アァッ!」



政宗は佐助にしがみついて、我慢など出来ずに喘ぎ声をあげた。



「政宗…………ここだろ?」

「ん、アッ!佐助さんッ」



佐助は腰を奥へと突き上げながら政宗の前立腺を刺激した。



「佐助さんッ…………アッ、アァッ!」



心身共に満たされていく快感に政宗は酔いしれた。



「政宗………」

「ぁ………佐助さんッ…………やだ!イク!」

「いいよ…………」

「ん………んッ!」



政宗は大きく身震いをして、長年求め続けていた絶頂を迎えた。



「ん………そんな締めるなよ………歳とって遅漏になったっていうのにさぁ〜」

「ハァ………佐助さんも………中に……」

「馬鹿野郎…………ホントに出ちゃうぞ?」

「うん………」



呼吸を乱しながら涙目で催促されては、佐助は堪えられるわけがない。



「ンッ………」




唇を重ね、舌を絡ませながら、互いの髪を梳く。






渇きを潤すように、

互いを貪り、情事に耽る。




もう雨の音は聞こえない………




心の雨は上がった───────












.

[*前へ][次へ#]

10/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!