抵抗と強引  9


















「やッ………痛っ」



店の奥にはコーヒー豆を置く棚と、小さな休憩スペースがある。

佐助は強い力で政宗の腕を掴んだまま引っ張り入れた。




「ぐっ…………」



政宗は壁に体を押しつけられて、小さく呻いた。




「………こんな眼鏡はやめろと言っただろ?」




カシャン────




眼鏡が床に落ちる音は、政宗の恐怖を増長させた。




「ほらみろ…………あの頃と変わらない瞳だ………」



互いの瞳に映り込むくらいの距離。

吐息が触れる…………




「思い出せ………政宗………お前にとって俺が何なのか」

「ぃ………や………───ッ」



目を瞑り顔を逸らした政宗は、強引に唇を奪われた。





あの頃のように………




人目を盗み、ほんの僅かな時間での濃厚なキス。

普段はクールな佐助が見せる情熱的な姿で、息が出来ないようなこのキスが、政宗は好きだった………




「────ハァッ………ハァ」

「…………政宗………」




熱の籠もった声で呼ばないで


忘れられない記憶が

忘れたふりをした記憶が



蓋を開けてしまう────






「アッ!」




佐助は政宗のシャツを力任せに脱がした。

弾き飛んだボタンがコツンコツンと床に転がる。




「………ちゃんと鍛えてあるじゃないか………」



30歳を越えたにしては、無駄な肉もなく引き締まった身体に、佐助は目を細めた。




「…………この傷か………」

「ッ…………」



左脇腹にある弾痕にそっと触れた。




「俺の知らない傷………だが………」

「痛ッ………」



政宗は体を反転させられて壁に抑えつけられる。




「あの頃と何も変わってない竜…………」



佐助はじっくりと政宗の刺青を見つめた。





「お前は肌が白いから発色が鮮やかだよな………」

「ぁ……………」



背中の竜を撫でる指先に身震いしてしまう。




「アッ!」

「政宗………ッ!」



佐助は政宗を背後から抱き締めて、首筋に噛り付きながらズボンを脱がそうとした。



「や………だっ!佐助さんッ」

「止めないよ…………」

「アァッ!」



耳たぶを甘噛みしたり、ぎゅっと乳首を摘んだり、下着の中に手を入れたり………

佐助の愛撫に何も抵抗が出来ないが、政宗は目を閉じて現実を受け入れないよう無駄な足掻きをした。




「政宗…………悪い………」

「ぇ………────ッ!?」



視界はぐるりと回り、背中に痛むような冷たさを感じたので、政宗は床に倒されたと理解した。



「………久々でも俺………優しくしないからね」




政宗の身動きを封じて馬乗りになった佐助は、上着とシャツを脱いだ。



「ぁ…………」



佐助の身体もしっかり鍛えられていて、政宗は見惚れてしまい赤くなったが、ある物に目が止まった。



チャラ─────



それは佐助の首に下がるドックタグのネックレス………




あの頃、2人で揃いでつけていた物だった。




「政宗……………」

「さ………すけ………さ……ん」







自然と上がる体温。


流されていく感情。


もう何も考えられない、といった感じで

眼の縁を朱に染めて潤んだ表情の政宗。


佐助は吸い寄せられるように政宗に覆い被さった──────













.

[*前へ][次へ#]

9/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!