喪失と消失  7

















「…………政宗………」





長い沈黙を破ったのは佐助だった。




「………はい…………」




名前を呼ぶ声が弱々しく、胸が痛んだ。





「俺は……………お前を二度も失わなければならないのか?」

「…………」




佐助は顔を伏せたまま、ゆっくりと口を開いた。





空白の15年間に少しずつ色がついていく…………

















──────


刑務所に入ってから、懺悔をしない時間がないくらいに己の行動を悔いた。


頭が真っ白になったとはいえ、軽はずみな行動だった。


身代わりに撃たれたり組員の仇を取るのは当然だが、

若頭という立場の自分が手を下してはならなかった。


後先考えずに突っ走った結果、

組長を補佐することも、家族同然の組員達の統率も、守ることも出来なくなった………。



私情を優先にして、家族を見捨てたのと同じことだ。


悔いても悔いきれない。




そして何より…………




大切にしていた「アイツ」を守れなかったこと、

守れなかったにしても、その後そばにいてやること、


何一つも出来ない己の未熟さを悔いた……………










「大将………本当にごめんね」

「気に病むな………こちらのことは心配するでない」

「ん…………」

「だから、お前はここを1日でも早く出るようしっかり励むのだぞ!」

「分かった………」




ガラスを挟んでの面会。
信玄の目には佐助の笑顔が痛々しく映った。



「………口煩いお前がおらぬから、皆は自主的に真面目にやっておるぞ………まぁ伸びやかな部分もあるがのぉ」

「ははは…………目に浮かぶよ…………みんなは元気?」

「あぁ………うちに覇気のない者はおらぬぞ」

「……………政宗は?」

「………あぁ………元気に決まっておろう」






初めのうちは信玄のその言葉を疑うことはなかった。


傷が癒えないからだろう。

リハビリもあるだろうから。




そう信じて政宗が面会に来ることを待ち続けた。




だが、



政宗が現れることはなかった…………





考えたくなかった仮説は、確信へと変わる。




あの時、血の海で青白い顔の政宗を抱き締めたのが最期なのだろう………




もっと強く、もっと長く、もっと2人で

愛し合いたかった…………







手放したくない大切な者を亡くしたのは自分の罪だ。


生きる気力といえば、
ここから出て墓前に手を合わせる、と考えること。



それが一番の償いであり、


最後の愛情表現だから…………




陳腐な言葉しか思い浮かばないけれど、




政宗を、愛していたんだ─────













.

[*前へ][次へ#]

7/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!