求むと拒む  6


















ザァァ…………──────





雨が降る……………



傷が痛むのは雨のせい?



それとも、



前回の雨の日にやってきた、あの訪問者を連想したせい────?








どうせ雨の日の午前中は客が来ない。


店を開けなくてもいいだろう。



けれど……………





きっとあの男は来る…………





組から、男から、逃げたのだから会うべきではない。


しかし、伝えなければならないことがあるし、

会いたいと願ってしまう…………






これは未練だろうか────











カラン───




店のドアが開く音がした。




「………今日はブレンド1つ」



政宗は客の方を見ることなくコーヒーの準備をした。



「今日は驚かないんだ?」

「………何となくそんな気がしたから………」

「正解………天気予報見て、雨の日狙ったから」

「……何で………」




ダメだと思っていても男の話術に引っ掛かる。




「………雨の日の午前中はほぼ客足ゼロだから、お前とゆっくり話せると思ってな」

「ッ───………いつから……知って………」

「………やっと目を見たな………」




驚く政宗と対称的に、佐助は静かに笑った。




「ここに辿り着くまでに3年かかった………ここを突き止めたのは2年前だ………ここへ来たのは………こないだが初めてだけどね」

「…………」

「なかなか勇気が出なくてな………大将が撃たれたりしなかったら、俺は来ることがなかったかもな………」



佐助はカウンターに肘をついて、政宗から視線を逸らした。






コトン────





政宗はコーヒーをカウンターに置き、先日佐助が渡した封筒も横に並べた。




「これは返すよ…………」

「何で?………金は必要になるだろ」

「………いや…………」




政宗は目を閉じて、しっかり息を吸い込んだ。





ゆっくり瞳を開く時、



覚悟の言葉を口にする。








「俺は戻らない…………」







佐助は微動だにせず、目の前に置かれたコーヒーを見つめていた。




「…………俺を憎んでいるのか?」

「………違う………」

「撃たれて怖くなったからか?」

「…………違うと言えば嘘になるけど、そうじゃない」

「じゃあ…………俺を………もう何とも思ってないからなのか…………?」

「……………」








ザァァ…………──────








長い沈黙が続いた。






「………そう………だ………」







緊張で震えると思った声は、意外にも冷静なトーンだった。







「そうか……………」






佐助は肘をついたまま、手で顔を隠している。




政宗は佐助を見ないように窓の外を眺めた。








雨の止む気配はまだない…………





酷く泣きたい気分になったのは



雨のせい…………─────?











.

[*前へ][次へ#]

6/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!