現役と"元"  4
過去編

















武田組の鉄砲玉には、2つの意味で手を出すな─────






それは高校生の不良でさえ知っているようなルールだった。






血の気が多く、喧嘩っ早い。

やられるまでは手を出さないが、やられたら何倍にしてでも返す。

返り血を浴びて不敵に笑いながら屍の上に立っているような強さ。


しかし、キレやすい単細胞だが、聡明だったので上の者には手を焼くが可愛がられていた。




それ故に、強い奴には身体を使って媚を売っている………


そんな噂さえあるくらいに政宗の存在感は大きかった。




当然ながら、そんな政宗を良しと思わない人間も多くいる。



なので余計にルールが広まっていたのだ………




下っぱだからと思って舐めてかかると、痛い目に合うし、上が出て来る。



見た目に騙されて近づくと、血を見るぞ………




だから鉄砲玉には手を出すな────












「お前はいいよなぁ〜。問題起こしてもパトロン達がケリつけてくれるからよ」

「はぁ?」

「男を口説くテクニックを教えて貰いたいよ」

「はははっ無理無理!男捨ててまでヤレねぇよ!」




組の内部でさえ、政宗をひがみ、蔑む連中はいた。




「俺が身体売ってるってなら、アンタの骨が軋むまで叩き込んでやろうか?………まぁ………相手にだって選ぶ権利はあるから教えるだけ無駄だろうがな」

「テメェ………!」

「来るか?」




政宗はニイッと笑った。





「はーいはいはい!お前等、組内で喧嘩は起こさないのー」

「頭っ!?」

「どうしてもっていうなら俺が相手になるけど?」

「いや………」



制止に入った佐助の登場に、喧嘩を吹っかけた相手達は大人しくなり、

政宗は…………




「──────」

「おい、ちょっ、待てッ!」

「うわぁ!若頭ッ!政宗を止めろッ」




政宗は佐助に殴りかかったのを羽交い締めにされて、止められた…………










「………お前さぁ………一応俺様って偉いわけ。分かる?」

「………すみません………」

「ったく………政宗くらいだよ〜……キレて俺に本気で楯突くのは」

「わっはっは!元気があって良い!」

「笑い事じゃないよ大将〜」



上座に座る信玄は豪快に笑い、正座をして叱られている政宗は俯いたままだった。




「拳で語り合えば不協和音もなくなるだろう!存分に励め!」

「いやいや………はぁ………もういいよ政宗………」

「はい」

「とりあえずさ、お前に非はないと思うけど、俺を殴ろうとしたことを反省しろ」

「…………」

「納得してない顔してるし………もぉ………指が10本ついてる奇跡に感謝しなさい!」




政宗はムスッとしながらも一礼して部屋を出ていった。



「はぁ〜………何であんなに短気かなぁ………俺も指が全部ついてるのが不思議だよ」

「はははっ………昔のお前のようだな」

「嘘ぉ〜!俺はあんなに武闘派じゃないでしょ?」

「そうか?儂もお前には散々手を焼かされたぞ?」

「………俺様の威厳がなくなるから内緒ね」



佐助はバツが悪そうに1つ咳払いをした。



「お前もそうだったが、あいつも育てれば伸びそうだな………」

「…………まぁね………人を惹きつけるカリスマ性みたいなのを持ってる気がするよ」

「フフッ………寝首をかかれぬようにな」

「……………」




信玄の意味の込められた言葉に、佐助は目を細めて少しだけ口端を上げた。




「じゃあ、お説教も終わったし出掛けてくるよ」

「あぁ………」




佐助は立ち上がって信玄に背を向けた。






(寝首ね…………)




また目を細め、頭の中で言葉を反芻した…………















.

[*前へ][次へ#]

4/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!