[携帯モード] [URL送信]

短編集(夢主登場有)
幽霊事件(スタリ)
翔「お、おい。なんか開かずのレコーディングルームから音聞こえてくるんだけど。」


音「え?」


レ「誰も居るはずないだろ…?」


ト「あそこは鍵がかかってますしね。」


真「聞き間違えではないのか?」


那「えー。でも僕も聞きましたよぉ。


とっても素敵な音色でした♪


あ、そうだ!みんなで聴きに行きませんかぁ?」


翔 音 真 レ ト「……………。」


ト「幽霊なんてそんな非科学的なもの居るはずありませんしね。」


レ「じゃぁ…イッチーが見に行ってくれる?」


ト「お断りします。」


音「夏だしー。肝試し行っちゃう!?」


翔「えええええ。」




☆で、肝試し☆


ト「何故、私が先頭なのですか?」


レ「だってイッチーは幽霊平気なんだろ?」


那「わー♪楽しみですねぇ♪」


翔「帰りたい…なんでこんなことに…。」


真「………。」


翔「大丈夫か!?真斗」


真「平常心…平常心」


音「もうすぐかなぁー♪」




☆暫し歩いたのち☆


翔 真 音「ぎゃぁあああああああああああ!!!」


レ ト「………。」


那「わぁ♪やっぱり素敵です」


音「やっぱり幽霊なのかな。」


翔「やめろよ…。」


那「幽霊さんとお友達になりたいですねぇ。」


翔「いや、なりたくねえよ」


ト「どうしますか?この部屋の様ですが…。」


レ「開けてみる?」


翔 真 音「いやだ!!!!!」


ト「お断りします。」


那「あけちゃいましょう。そーれ♪」


翔 音 レ「あああああああああ!!!!!!」




☆万事休すか!?☆


『ん???』


翔 真 音「ぎゃああああああああああ!!!!」


『うわ!?なんなの!?』


那「うわぁ。かわいい幽霊さんですねぇ♪こんにちは。」


『ん?僕?』


ト「どう見ても幽霊ではないでしょう。」


『え?普通に人間だよ。』


レ「かわいいレディーだ。」


龍「優姫!!!!」


『げ、』


龍「お前がなんでここに!?そいつを捕まえろ!!!」


翔 真 音 ト レ「………!?」


『ちょっと!!!仲間増やすなんて卑怯!!!』


翔「はい、捕まえた。」


『離してええええええ』


龍「ありがとう来栖。それで、優姫???」


『ハイ、ナンデショウカ』


龍「なにしてんだ!!!つか、鍵壊してるじゃねぇか!!!」


『だって鍵かかってたから』


龍「そりゃ鍵掛かってるに決まってるだろ。部屋で寝てろって言ったよな???」


『曲が湧いてきたんだよ。ほらだって普通のレコーディングルームならすぐばれると思ってさ…』


龍「熱40度もあるんだから寝てろ!!!部屋で寝てろって言ったよな。帰るぞ」


『いやぁあああおろしてえええ』


龍「すまんな。明日には片づけとくからお前らも部屋に戻れ。」


『おろせーーーばかああああああ』


龍「地面に落とすぞ。」


『それも嫌だ』




ト「どなただったんでしょう?」


レ「かわいいレディーだったね。」


翔「先生の彼女?」


真「そんなことは…」


音「あ、ありえそう。」


那「せっかくお友達になれそうだったのに」




☆実はただのシャイニング事務所所属の作曲家でした☆

[*前へ]

3/3ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!