[携帯モード] [URL送信]

銀魂短編
副業、始めました auパロA



矢倉の周りには沢山の火が焚いてある。

矢倉には櫓太鼓があり今それを叩こうとしている誰かがいる……。

ドンドコドン……

ドン…

「 ヤァッ!」


途端に晴れていた空が一瞬にして厚い雲に
覆われた。




ゴロゴロゴロ……


「な、何だァ?」

「曇ってきたアル。」

「あ!あっちの方から何か聞こえますよ!」

「よっしゃ!行くぞ!」




ドコドコドコ…ドン!

「ボソッ)疲れやした…土方さんそこに居るんだったら手伝ってくだせェ、つか、やれよ土方コノヤロー。」

「無理だろ!俺叩けねぇんだよ!叩けたとしても音なんかでねェよ!!」

「これだから土方さんは困るんでさァ…。」

「困ってんのはこっちだよ!」



ドコドコドコ…ドン!


「急げ、ぜってー降るぞこれ。」

「でも音が近づいてきましたよ。」

「太鼓の音ネ。」

「こっから突っ走るぞ!」

「「はい/了解アル!」」





ゴロゴロ…

ポツポツ…

ジュッ

しとしとと、雨が降り始め矢倉の周りの火は少し小さくなっていった。


ドンドコドン……


でもまだ太鼓の音は止まなかった。


「森を抜けたネ。」

「あ、あれは……。」


「サドが太鼓叩いてるネ。」

「お、沖田さん!」

「何やってんのあれ?」

「旦那ァ、副業でさァ!」

「副業?」


終わり


「本業の見回りもちゃんとやりやがれェェエ!」



あとがき

今回は一寸法師役に土方さんを登場させました〜。auのCMに毎回一寸法師が出ているのをご存知ですか?見逃してしまった人もYouTubeで見るといいですよー。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!