[携帯モード] [URL送信]
エスケイプ アンド ハイド2

 目元を覆う包帯は彼の視界を完全に封じているというのに、百の眼を持つかのように一切の隙がない。さらに恐るべきは、先の一撃が一切の武器を介さず、己の拳ひとつで生み出されたという事実。

 間違いなく彼は強い。おそらくその実力はライト以上。こちらとの力の差は歴然だ。

「へえ、今のギルの一撃を食らってまだ立てるんだ。さすがは兵器といったところだけど。あんまり抵抗しない方がいいよ。その方が、楽に死ねる」

 ライトは袖口から再びナイフを取り出す。

 彼らは本気で自分を殺すつもりらしい。どうにか状況を打開する策を探すも、圧倒的な力を前に状況は絶望的だ。

「……どうして、戦う必要がある」

「どうして? 答えるまでもないだろう」

 翠玉の隻眼が放つ光に、ぞっと背筋が凍る。

「俺たちのハンターの存在意義。それは人に害をなす存在を狩ること」

 ライトの瞳は冷酷なまでに陰惨と、目の前の害獣を映していた。そこには何の感情も滲んではいない、狩るべき獲物を前にただ淡々と得物を構える狩人の眼。

 そして理解する。彼等にとって、自分こそが狩り殺るべき害悪なのだと。

「俺たちはお前を世界の害とみなし、排除する。それだけだ」

 ライトの言葉を否定することはディルには出来ない。

 かすかに上下したその喉を穿つ刃が放たれる。

 それは思いも寄らぬ方向から飛んできた一撃であった。視界がとらえたその刃の形には見覚えがあった。ライトのナイフとはちがう。切断つことに長けた無駄のない形状。

 飛んできたメスをすんでで避けると、突き刺さったその場から氷の棘が隆起した。かすかに頬を掠めた冷たい感触が、一滴の血を地面へと滴らせる。

 医療用メスと氷の攻撃。それを行えるものはディルの知る限りただ一人だ。この場において、味方であるはずの人物。ディルは彼の名をつぶやいた。

「ダズ……?」

 先ほどまでともに戦っていたはずのダズからの突然の攻撃に、ディルの声は僅かに同様をはらむ。

 立ち尽くしたままのダズは、ディルの声に反応を示すことはしなかった。ただ、こちらを見据えるうつろな瞳には確かな敵意が宿っていた。

 どうして彼が、今、自分に刃を向けるのか。

 その答えなどわかりきっている。けれど、理解が追いつかない。

 ??俺はお前を信用していない。

 列車でのダズの言葉が思い出された。




[*前へ][次へ#]

2/25ページ

[戻る]


無料HPエムペ!