[携帯モード] [URL送信]

迦陵頻伽―karyoubinga―
そこは、夜と朝の狭間、そして生と死の狭間に存在する場所。
今宵もどこかの路地裏で、誰かがその扉を開く――。
☆章の一覧☆
第一夜●深海魚
第二夜●夜の帳(とばり)

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!