[携帯モード] [URL送信]

しろの小説(短編倉庫)
【土銀】銀時サイド【土誕2008(後)】

「何?わざわざ呼び出して何か用なワケ?」

俺は今、目の前の瞳孔が開き切ってるこの男に呼び出されココにいる。まぁ、用件は大体察しが付くけどソレには気付かないフリをして聞いてみた。

「いや…とりたてて急ぎの用でもねぇんだが…」

今日じゃねぇといけねーからわざわざ呼び出したんだろーが。

「…と、ところでだ、今日が何の日か知ってるか?」

『何の日か』…ね。

「あ?当たり前だろ」

そう…当たり前。俺にとっては。でも

「アレだろ?『黄金週間』。でもなんで金色なのかねぇ。別に銀だろうが虹色だろうが無色透明だろうがいいんじゃねーの?よーし、今日から『銀色週間』でいこう」

素直に『覚えてます〜』っていうのも癪だし、それにアイツが俺が今日が何の日か覚えてないんじゃないかって疑ってるのがなんだかおもしろくなくて、わざとすっとぼけてみせる。

「なんだよ『銀色週間』って!今更変える必要がねぇ…っつか、だいたい金も銀もあんま変わらねーじゃねぇかっ!っつか無色透明に関しては存在感すらねぇわっ!!」

「見えなかろーが存在するだけで意義があんだよ。空気だって目には見えねーが無いと生きていけないだろ?『あなたがいなくなって初めてその大切さが分かったの(裏声)』〜って気付いて泣き付く頃には手遅れなんだよ。相手はもう新しい幸せを手にしてんだよ。
金と銀が変わらない?バカ言っちゃあいけねーよ。変わるに決まってんじゃねーか。このマンガのタイトル忘れたかぁ?『銀魂』だろうが。銀が金に変わったらジャンプ回収騒ぎだからねコレ」

「オイィィィィ!そりゃ一体ドコの昼ドラだ!それにだいたい俺はマガジン派だからジャンプが回収されよーが廃刊になろーが知ったこっちゃねぇんだよ」

「てめっ、そんなこと言ってもし本当にジャンプがそんなことになったらテメーを袋詰めにして廃品回収に出すからなっ。」

「上等だコラ。やれるもんならやってみやがれっ!…ってか話逸れてんじゃねぇか!今日…5月5日は何の日だって聞いてんだろが。」

せっかく人が緊張を和らげてやろうとしてんのにジャンプを見捨てるなんざ許せねぇよなぁ。そんな怒りを押し止めながら首を捻り考える素振りをする。

「…5月5日ねぇ……ん〜?…あー、思い出した」

思い出したとワザとらしくポンと手を叩いて俺は答えた。

「『中二男子の日』だったな」

「誰が中二男子じゃボケェェェェ!せめて『子供の日』とかまともな解答よこしやがれっ」

俺のジャンプを冒涜するからだバーカ。

「何ムキになってんだァ?子供も中二男子も変わらねーじゃねぇか。ま、子供の方が変に悟ってたりするけどな。中二はバカのオブザイヤーだけど」

「尚のこと悪いだろーがァァァ!!」

ムカついたからってのもあるけどコイツの反応を見るのが楽しくてついからかっちまうんだよなぁ。

「ちっ、もういい」

あらあら拗ねちゃったよこの人。
…本当は分かってる。今日は何の日か忘れてんじゃねぇかってアイツが心配してるってことがつまりはどういうことか。別に自惚れるつもりはねぇがもしアイツが俺の事を何とも思って無いのなら、わざわざこの日を選んで呼び出したりとかはしないだろう。だから…

「土方十四郎の誕生日…だろ?」

「な…」

今日くらい優しくしてやってもいいかな…なんてな。

「そっかぁ〜、土方くんは俺に祝ってほしくて今日わざわざ呼んだんだ〜?」

でも素直に『おめでとう』とは言えなくて、代わりにそんな言葉しか出てこねぇ。

「うるせー、別にそんなんじゃねーよ」

「そ?」

なんだ可愛くねーの。いや、大の男が可愛くってもなぁ。キモイよなー…って、そうじゃなくて。いい加減怒って『帰る』とか言い出さねぇよな?

「でもせっかくだし銀サンが特別大サービスしちゃおっかな〜」

後ろを向いたアイツを横から覗き込むようにして俺はアイツのご機嫌をとるような口調で言う。

「っつーことでぇ〜、とりあえず目ェ瞑れや」

「…は?」

「目ェ瞑れっつったんだよ。心配すんな。チューなんてしねーから」

「なっ…だっ、誰もそんなこと期待しちゃいねーよ!!」

からかいながら、少し不満げな顔をしながらも目を瞑ったアイツにプレゼントを渡そうと手をとり、ふと目を瞑ってるコイツの姿を見る。目を開けてる時だったら『何ジロジロ見てやがんだ』とか怒鳴るんだろうな。ルックスもまぁまぁだし女にモテないってワケでもないだろうにどうして俺なんだろう…って別にアイツがカッコイイって褒めてるワケじゃないからねコレ。俺だってテンパじゃなけりゃモッテモテだもんねコレ。
それにしても……前から少し気になってたんだけど、普段からいったいどんだけ鍛えてんだ?俺は稽古とかめんどくせーからしねーけど、コイツの手を見て、そんじょそこらのヤツとは比べものになんねぇくらいに鍛練を積んでることぐらいは分かる。どっか山籠りして修業でもしてたんですかコノヤローって程に。何の為に?やっぱり真選組を護る為に?それとも―――

「……?銀時?」

「…あ、あぁ。もう目ェ開けてもいいぜ」
あー、つい考え込んじまったな。らしくねぇ。返事と同時にプレゼントを持たせ、俺は手を離した。アイツが箱を開ける

「マヨ型の…ライター?」

「知り合いにカラクリ技師がいてちょっとな。マヨラーな上、ニコチンコなテメーにはぴったりだろ」

誕生日プレゼントを考えてコイツにはこーゆーのがぴったりだとすぐに思いついたものの、源外のジーサンを説得するのは多少骨が折れたな…。っつかギリギリまで頭を縦に振らねぇからもう無理かと焦っちまったじゃねぇか。だけどその割には結構手の込んだモン作ってよこしてきたし、案外乗り気だったんじゃねーか。あのジジイ。

「あ…ありがとよ」

「あれまー、多串くんの口からそんな言葉が出るなんて雨が降るんじゃねーの?」

めずらしく素直に礼なんて言いやがるもんだから思わず顔が赤くなりそうになるじゃねーか。
コイツにしっぽを振りながら主人を待つワンコみてーな表情でこっちを見られた時はマジヤバかったねコレ。

「うるせぇ、礼儀はちゃんと通す方なんだよ」

「へー。まぁいいけど。…ところで土方くーん?…何してんの?」

後ろから腕を回してきてやけに密着してくることに俺は何かを察知しながらも問い掛ける。

「いや。確かお礼ってのは3倍返しが原則だったよな?」

「あ、あぁ。そりゃ当たり前だろーが。常識だろ常識。」

…なんか、身に迫る危機を肌に感じるんですけど…。

「じゃあ俺は今からテメーにプレゼントの礼をしてやるよ。3倍返しでな」

そう言って俺を見るアイツの目がいつもに増して瞳孔開いてるように見えるんですけどォォ!

「いやぁ〜…それはちょっと遠慮させてもらおうかなぁ〜。どうせならパフェ1年分とかにしてくんない?」

「遠慮するこたァねーだろ?」

「いやいやいや、遠慮させていただきますっつーか遠慮させてくださいっ!結果、テメーが得するだけだろーがァァァ!」

「いいじゃねーか。俺の誕生日なんだからよ」

反論しようとするが唇を重ねられ、体の力が抜ける

「…ふぅっ…んん…、はぁ…。……テメーは手加減しねーからな。後が大変なんだよ。少しは労れコノヤロー」

「ふん、数ヶ月単位でしか歳違わねぇんだからその必要は無ぇだろ。何ならテメーが立てなく位 ぶち…」

「わーっ!わーっ!てめっ、何言っちゃってんですかァァァァ!?以前テメーが人前で堂々と言った恥ずかしいセリフを、こんなトコで再び恥ずかしげもなく言わないでくれない!?」

「『こんなトコで』って、俺とテメーだけのこんな密室で恥ずかしがる必要もねーだろ。大体アレはテメーの発言に言い返しただけだろうが」

「あんな返事くるなんて普通思わねーよ!…そっ、そうだっ。ゴリ達はテメーの誕生日について何か言ってなかったのかよ」

「パーティー開くとか言ってたが断ってきた。…今日はお前と一緒に過ごしたかったからな」

「……。あーもー、分かったよ。そこまで言われちゃ、しょーがねぇ。銀サンも覚悟決めてやらぁ。…ただし、なるべく手加減しろよ」

「さァ?どーだろーな」

ニヤリと笑ったそんな土方の表情を見て、あー、明日は多分動けないだろうなぁ、なんて悟りながらも俺はヤツの背中に手をまわした。


[*back][next#]

2/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!