[携帯モード] [URL送信]

しろの小説(短編)
【土銀】standby screen

「ゔ〜ん」

「どうした?」

「どうしたもこうしたもねーよ。やっぱり俺、こーゆーの持つの性に合わねーわ」

「…あぁ、携帯か」

「だいたい、俺が携帯持つ必要なくね?」

「テメーが持たねーと連絡取りてぇ時にすぐ連絡取れねぇんだよ。万事屋でゴロゴロしてるかと思ったら ぷらっぷらして居ねぇか、厄介事に首突っ込んで怪我してるしよ」

「別に好きで厄介事に巻き込まれてるワケじゃねーよ」

「でもほっとけねーんだろ。ぶつくさ言いながらもよ」

「…お、俺の事はいーんだよ俺の事はどーでも。そう、携帯。携帯の話だろ。何が一番アレかってーと設定が一番めんどくせー。何コレ、こんなのが携帯にいんの?って機能まで付いてるし、いったいどこに向かおうとしてんの?もはや携帯じゃねーよ。スーパーコンピューターにでもなる気か?」

「いや、スーパーコンピューターはまた用途が違うと思うが」

「んなのわーってるよ。それぐらいの勢いって意味だバカ」

「バカとはなんだ、バカって言った方がバカだバカ」

「テメーも言ってんじゃねーかバカ」

「貸せ。設定くらい俺がやってやる」

「あ、ちょっ」

「めんどくせぇつっても俺との連絡専用みたいなモンだろうが。着うたとかなんでもいいんだろ」

「プキュはやめろよ?いくら今のヒロインの声が奈○様だろうがそれは譲れねェ」

「設定しねぇよ!!」

「どーだか」

「ちっ、…待受は」

「待受なんてそれこそいじらなくてよくね?よっぽど悪趣味じゃなけりゃよォ」

「……なら」

カシャッ

「コレでいいだろ。ホラよ」

「コレでいいだろ…って、何コレ。なんでお前の写メが待受になってんの?おま、よく恥ずかしげもなくそんなこと出来るな。恥知らずか、A型は恥知らずなのか!!」

「うるせぇ、文句あんなら後で自分で変えろ。そんなに言うなら…」

カシャッ

「俺もテメーの写メを待受にしてやるよ」

「痛い痛い痛い痛い、痛いよお母さーん、ココに頭ケガした人いるよー。『どや』的なこと言ってるけど、テメーがやりたいだけじゃねーか!!」

「まぁ落ち着け」

「なんかすっげームカつくんですけど。殴っていい?安心しろ、痛みは一瞬だ……って、顔ちか…んん…っ、はっ…ぁ…」

カシャッ

「な…っ?」

「保存用に…な。待受にするのはもったいねーからな、こんなエッロい顔。独り占めしたくてたまんねぇ。…もっと見せろよ」

「んぁっ……勝手なこと…ぬかしてんじゃねェ。あとでぜってーぶん殴ってやる」

「なら、それが出来ねぇぐれぇ快くしてやるよ」

「出来るモンならやってみやがれバーカ」


[*back][next#]

23/28ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!