[携帯モード] [URL送信]

樹海(紺碧の空)完
W
「さて、行っちゃったかな」
 少女は、身を隠していた茂みから出ると、携帯電話を取り出した。
「任務達成よ。次のターゲットは?」
「ここまで手際がいいとはさすがだよ。さて、次のは竜宮洞穴の方から接近してるよ」
「了解したわ。あと何分くらい?」
「猶予は30分くらいかな。ま、あてにしてるよ」
電話を切ると、茂みの中から自転車を引っ張り出し、林道へ立てた。
「今日は一段と多いわね。でも、絶対死なせないわよ」
自殺予防最終防衛班のエージェントは、そのままペダルを踏み込み、林道を疾走して行った。         おわり


[*前へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!