[携帯モード] [URL送信]
大きな手、小さな手
「ロイの手って大きいな」

いきなりロイの手をとって言うエド。

「どうしたんだ?いきなり」

「いや、俺より2倍くらい大きいからさ」

エドはロイの手を握りながら言う。
愛しそうに、愛しそうに。

ロイはそんなエドがたまらなく愛しかった。

「体もさ、俺の頭一個分くらい大きいし…」
エドは自分もそれくらい大きくなりたい、と
ぶつぶつ口をとがらせて言ってくる。

そんなエドをロイは抱きしめた


「ロイ??どうしたんだよ急に」

「いや、私は鋼のが小さくてよかったと思ってるよ」

「ムッ小さい言うな!!」

エドは顔を赤くしぶーぶー言う

「こうやって鋼のを抱きしめられないだろう?」


「あ……そっか…」

「それに鋼のが出かかったらこうやって
温める事もできない」

エドはよっぽど恥ずかしかったのか、

顔を下に向けた。


「大好きだよ鋼の」


「な!!……俺だって」


そして抱きしめ合ったまま2人は

キスしましたとさ。





無料HPエムペ!