[携帯モード] [URL送信]

―始祖の書―

『世の中で最も真実に近い』と言われている神話が綴られた、作者不明の書物……

そして、その書物には必ず現れる者がいた。

『聖なる龍』―セイントドラゴン―

※バトルシーン多め
☆章の一覧☆
キャラクター紹介
世界観・用語
序章―始祖の書―
第一章・銀色
第二章・人と龍と魔と。

要素

ファンタジー/バトル/ギャグ/シリアス/流血/グロ/女性向け/BL


21739Hit
レビュー(4件)

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!