[携帯モード] [URL送信]
5
「AIBOーー!」
「何だい?アテム」

激しく叫ぶアテムに僕は普通に答えた。

まずは、ヤツを落ち着かせるのが先だ。

「アテム、一体叫んでどうしたの?」

アテムは僕の声を聞いて、落ちつきを取り戻したのか、叫ぶのをやめた。

「アテム、どうしたの?今どこにいるの?」
「相棒!頼みがある!助けてくれ!」

アテムは僕の質問に答えず、なぜか助けを求めている。

「はぁ?」
僕は思わず呆れた声を出した。

「相棒!助けてくれ!」
「いや、だから…」
「AIBOー!!AIBOー!!」

ダメだ。
また一からやり直しだ。
コイツ人の話聞いてないじゃん…

「…切るよ」
僕はそう言って、耳から携帯を離した。

「いや、ちょっと待て…」

携帯からアテムの小さな声が聞こえた。

僕は小さくため息をした。

「助けてあげるから、ちゃんと僕の話を聞いてくれる?」
「もちろんだぜ!」
「じゃあ行くよ?まず君はどこにいるんだ?」
僕がそう問いかけた。
しかし、アテムからの返事はない。

「もしかして、自分でも分からないところにいるの?」
「い、いや、そんなんじゃない!」
「だよね。
ボケにはまだ早すぎるよ…君は今、言えない場所にいるのか?」

←*#→

5/12ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!