[通常モード] [URL送信]

短編集
修学旅行、素敵な想い出(RK様リク<1111hit記念>)
私はずっとこの先も片思いだと・・・。。


でもそれは間違いだったんだね。








「おい。名無しさん、オレと班になろうぜ」


「は? カカロット何言ってんの」


「・・・」


あ、あれ? ご機嫌ナナメですか?


「カカロット、班って何の事?」


「しゅ、修学旅行の班・・・だよ」


「・・・」


正直、カカロットに誘われたのは嬉しい。


でもカカロットモテるから女子の目が痛いんだよなぁ。


ほら。今もすごい睨まれてるよ・・・。。


「んで、名無しさん。班は?」


「う〜ん。カカロットが良いんだったら・・・」


い、言ってしまった・・・。


そして、言い忘れてましたが私に好きな人がいます。


今、目の前にいる人ですが・・・///


「よっしゃっ! じゃあ決まりだな」


「うん」


________________________________


~時は流れて修学旅行当日~


「やっほぉぉぉぉぉぉい!!!!」


わあっ! 皆声でかいね・・・。。


「なぁ名無しさん、後でオレんとこ来てくんねぇ?」


「ん? うん。いいよ」


「おうっ! ぜってぇ来いよ」


「わかったよ」


正直、心臓はドキドキしている。


というか、好きな人に『後で来い』と言われてドキドキしない人がいるのだろうか。


「よっしゃぁ! 楽しむぞ!!」


「ふんっ。勝手にしろ」


「名無しさん〜いっぱいお揃いの買おっ♪」


「うんっ! 買おー」


あ。因みに上からカカロット→ベジータ→愛歌→私の順番だ。


この3人が私と一緒の班。



























色々楽しんだ後に、、


「名無しさん? もういっか?」


「ん?」


「だから話あるから聞いてくんねぇ?」


「うん。いいよ」


「じゃああっちに行こうぜ」


普段ふざけているカカロットだが、真剣な目で名無しさんを見ていた。


「カカロット? 話って何?」


「あ、あぁ。。オレさ、名無しさんの事が好きだ」


えっとぉ、私の聞き間違い?


「え・・・嘘でしょ?」


「嘘な訳ねぇだろ」


「・・・」


「で、返事は?」


なにその笑い。ニヤッとしてる。。


「・・・」


「名無しさん?」


か、確信犯だ・・・。。ずっとニヤニヤしてる。


「わ、私は・・・」


「『は』?」


「カ、カロッ、トの事が、、好きです」


「名無しさんっ」


ギュッ。


いきなりカカロットに抱きしめられた。


目の前にカカロットの逞しい身体があって、どうしても照れてしまう。


「一生オレのもんだかんな」


「うん」


「名無しさん、好きだ・・・」


________________


後書き

RK様、遅くなって申し訳ありません!

ちゃんとリクに沿えているでしょうか・・・

お気に召されなかったら返却okですので!

[*前へ][次へ#]

9/13ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!