[携帯モード] [URL送信]

短編集
私の彼氏はドS(五月あいり様からのお祝い小説<2000hit記念>)
こんにちは…私…名無しさん、16歳。今日は学校が休みでする事がなく…昼寝でもしようかと思っていた矢先…玄関のドアが勢いよく開いた。

「名無しさん!オラと一緒に修行しねぇか?」

「何だとっ!?俺が名無しさんと一緒に2人きりで修行するんだ!ふざけるなっ…カカロット!!」

「お父さんもベジータさんも何言ってるんですか!?名無しさんさんは今から僕と勉強するんですよ!」

「悟飯こそ…何言ってんだ?名無しさんはこの俺と出かけるんだよ、今からな。な…?名無しさん。」

「いや…あの…というか…いきなり家に来て開口一番…何なの!?」

「お前達…名無しさんが困ってるだろ…。だから…いきなり押し掛けるのは止めろって言ったんだ。」

「よく言うぜ…ゴジータも名無しさんと過ごしたくて付いて来たんだろうがっ!」

「それはそうだが…俺は悟空やベジータの様にドアを勢いよく開けたりはしないぞ。」

「た…確かにゴジータさんはちゃんと加減してくれそうですね。」

私がゴジータさんを見て頷いているとベジットさん(カレカノになって「さん」付け)が私の肩に手を置いた。

「あー…そういや…お前等には言ってなかったが…名無しさんは俺と付き合ってんだよ。というか…いずれ夫婦になる仲なんだがな。」

「は?」

「何だとっ!?」

「えっ!?」

「いっ!?」

上から順にゴジータさん、ベジータさん、悟飯君、悟空さん

「「「「聞いて(ないぞ!、ませんよ!、ねぇぞ!)」」」」

「だから…今言っただろ?「言ってなかったが」ってよ。」

「つまり…ベジットさんが皆さんに私達の事を言っていれば…押し掛けて来る事はなかった…と?」

「…そうなるな。」

「……。」

「名無しさん…?」

「わ…。」

「わ…?」

「私の昼寝タイムを返せ〜!!」


終わり


________________

お礼

わぁっ! めっちゃ良いですっ!!

こういうのを求めてました♪

そして2000hitお祝いありがとうございます!!

[*前へ][次へ#]

12/13ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!