【リク】しょうじんちA*
どうしちゃったんだしょうじの奴。
こりゃ参ったぞ。
まさかこっちを求められるとは思ってなかった。

「いや、あの、おれはそういうのいっかなーって」

「なんで」

「おれはそういう趣味とかないし…」

「おれにはさせるのに?」

「しょうじが気持ちよさそうにしてるの見るのがいいんじゃん」

「そんなん不公平だ」

実はそんな風に思っていたのか。
新発見だなあ、と思う傍ら冷や汗は増していく。

「前から思ってたんだよ。だっておれだけ童貞じゃん。入れたいし」

「マジですか」

えええ…

「尻出せよ」

まさかしょうじにその台詞言われるとは。
やっぱり今日のしょうじは強気だ。女王様だ。怖い。

おれは意を決してズボンを脱いだ。
あーあ。おれ、これからどうなっちゃうの?
もうどうにでもなあれだよ。

しょうじの指先がケツ穴に触れた。
他人にそんなとこ…と思うと、恥ずかしいのと同時に不思議な感じだ。

湿った指がゆっくりと侵入してくる。
根元まで埋まった。
うわ…なにこの違和感…ぞわぞわする。

「やっ、ちょ、まて」

「まだ小指一本だけど?」

「え、マジ?」

もっと太く感じる。

「ちょっとずつ慣らさないと痛いだろ」

…なんだその優しさ!
あれか、普段しょうじがいきなりずこずこやられて嫌だったっていう?
わーごめんしょうじ…

「動かすぞ」

直腸内でくねくねと指が動く。
その後もしょうじは、俺が申し訳なくなるくらい丁寧に尻穴をほぐしてくれた。
いつの間にか指が3本にまで増やされていたのに気付かなかったくらいだ。
括約筋を無理なく拡げられ揉みしだかれる感覚は、不覚にも悪くないと思った。

3本の華奢な指が広がって、隙間から空気が入ってくる。
お腹の中から広がってる感じ。

「しょうじ…それ、やば」

「もう、入れても大丈夫だよな…?」

やっぱ入れるのかあ。
まあしょうじのちんこちっちゃいし、大丈夫とは思うけど。
そうしたいならすればいいよ。

指が抜けて、ぱっくりと開いたままの口に喪失感を感じる。
すぐに、充血しきった尻穴に、同じくらい熱いものが触れた。

入っちゃうのかあ。

と、そのとき。

ぐぎゅるるる…

背後のごく近い所から、内臓的な音がした。

しょうじの腹?
そういえば薬入れてからだいぶ経つような…

[<<前*][#次>>]

54/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!