【リク】わんこわんこD*

「じゃあ先に進もうか」

ゆうたはそう言って綱を引っ張った。
ちょっと待て、おれのジャージとパンツお前が持ってるだろ。
と言いたくても喋れないので、見上げて目で訴える。

「え?ああこれか。もういいじゃん?どうせこのあとうんこもするだろ。あ、ついでに犬歩きでもするか」

自分の姿を想像して青ざめた。
本気か?

「ほら早く行くぞ。次郎が待ちくたびれちゃうだろ」

次郎は少し離れた所で行儀よく座ってこっちを見ていた。
一連の醜態を次郎にも見られていたと思うと、相手は犬だからこそ、余計に背徳感に苛まれる。
仕方なくゆうたの申し出に従い、剥き出しの膝小僧を地面につけ、歩き出した。

いつも見慣れた道なのに、目線の高さが違いすぎて別世界みたいだ。
ゆうたがおれの斜め後ろを歩くから、突き上げた尻が左右に揺れながらゆうたに差し出されている。
隠しようのないアナルときんたまが、常に視線に蹂躙され続ける。
それにさえ興奮して、ちんこが半分芯を持って太ももの間で規則的に首を振る。

きゅるるー…

お腹が夜風に冷やされて、嫌な音を立てた。
やばい、ちょっとお腹痛いかも。
だんだん、先を行く次郎のペースについていくのがしんどくなってくる。

「んん…う…」

ついに痛みに負けて立ちすくむ。
一瞬首輪がくんっと引かれて、苦しさに拍車をかけた。

「あああ…」

自分で自分の肩を掻き抱いて、鳥肌を撫でさする。

「大丈夫か?しょうじ」

流石に心配そうな声。
と、そのとき、次郎がまたそわそわと辺りを嗅ぎ回り始めた。
きりきり痛むお腹を押さえてそれを見ていると、次郎はここだという場所を見つけて、背中を丸めた。
あの格好は…

ぬちぬちぬち…トサッ、ポロッ、ポト、

うんちしてる…
気持ちよさそう…

犬の排便をこんな目で見るなんて考えたこともなかった。
黒い肛門がもりっとこじ開けられ、うんこが産み落とされていく。
ああ…おれも…うんちしたい…!

次郎が排泄を終え、後ろ足で砂を蹴る。

「さあ、今度はしょうじの番…しょうじ?」

「かはっ、くっ」

ブッ!
ブフウウ…

ゆうたが振り返ったとき、おれの肛門は既に決壊していた。


[<<前*][#次>>]

49/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!