【リク】わんこわんこC*

犬の鳴き真似なんて、普段は絶対やらない。
けど、今のおれは犬だから。

「く、くぅ…ん」

みじめになってくる。

「そっか、おしっこしたいけどうまく出せないのか」

演技っぽくそう言って、よつんばいで足を上げたままのおれの腰に指を這わせた。

「ひっ」

ぞくぞくと鳥肌が立つ。さらにその指は前に回り込んで、下腹をまさぐり始めた。
産毛程度の陰毛を撫で、ぐっと膀胱を押し込まれた。
同時に尿道口につきんと切ない感覚が走る。

「ああっ」

じょろろろろろ…

堰を切ったようにちんこの先から大量のおしっこが放たれる。
ちんこの向きに沿って斜めに放物線ができる。
ぱんぱんだったから、力を入れなくてもどんどん出る。

じゃじゃじゃじゃ!

股間周りが余すところなく外気に晒される格好。
こんな大股開きでおもいっきりおしっこ出して、めちゃくちゃ気持ちよくなってるなんて、おれって、はしたない。
あまりの快感に震える息を吐いた。

「はあああ…っ」

我慢していた分、自分でも驚くほど長い。
路肩の草むらが吸いきれなかったおしっこが、アスファルトの方までつーっと流れていくのを見て、羞恥心が駆り立てられる。

「まだ出てる。すっげ」

見下ろすゆうたの瞳はギラギラと不気味に輝いていた。
ゆうたもこの状況に興奮してるんだろうか。

じょー、じょろっ、

勢いが弱くなってきたので、残尿を搾り出そうと、下腹に力を込めた。
鼻にかかった声が出てしまう。

「んっ、んぅっ」

じゃっ、しょ、ちょろ…

ようやく出し切って、余韻にため息を吐く。
水滴をきるために震える四肢でなんとか腰を振った。

「きもちよかったね。しょうじ、見て。でっかい水溜まり」

後ろでゆうたがアスファルトを指差している。
見ると、とても一回の量とは思えないくらいのおしっこが広がっていた。

うわあ…おれ…あんなに出したの…

「明日朝通勤通学する人が見たら何だと思うかな?あ、それまでには渇いてるか。でも染みは残るかもね。しょうじのおしっこの跡」

いたたまれなくて、脚をぴったり閉じてうずくまった。



[<<前*][#次>>]

48/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!