【リク】わんこわんこA

で、なんでこうなったのか。
それを考えるとおれは頭が痛かった。


夕方のフリスビー対決に、おれは負けた。
罰ゲームとして、ゆうたの命令は、

「今夜、犬になっておれと散歩すること」

全く、非人道的とは思わないのか。
だがしかしおれは、そのあとに付け足された、

「晩ご飯おなかいっぱい食べて、お茶もいっぱい飲んで、トイレには行かないで来いよ」

という条件に、不覚にも胸をときめかせてしまったのだから、とんだ変態だと思う。

結局黙って言われた通りに、約束の公園に集合した。

「お、きましたしょうじくん」

わふっ

街灯の下でおれを出迎えたのは、ゆうたと次郎だった。

「えっ、なんで次郎いんの?」

「出かけようとしたらついてきちゃったんだよねー。しょうじに会いたかったんじゃね?」

くっそー、なんか出鼻を挫かれたっていうか、
ちょっとでもやらしい気分で来た自分が悔しい。
健全に散歩って意味だったのか?

おれの顔に出ていた気持ちを悟ったのか、ゆうたがにやりと口角を上げて囁いた。

「おやぁ?本格的な犬プレイをお望みですか?」

「ちっ、ちが」

「安心しなよ。しょうじ用の首輪と綱もほら、ちゃんとあるから」

差し出された真新しい首輪と綱を目の当たりにして、
安堵感と期待感で胸がどくんと高鳴った。


[<<前*][#次>>]

46/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!