たのしい尿検査@
今年も、あのイベントの日がやってきた。

「検尿の容器を配ります。明日の朝、保健委員に提出してください」


物心ついた頃から、なぜか検尿にはわくわくした。
いつもは汚くて触らない液体を、コップに溜めて容器に移して、学校に持っていくなんて、非日常的で。

中学に入って、ゆうたとそっち系の趣味を共有して以来、検尿がますます楽しみになった。
明日の朝のことを思うだけで、テンションが上がる。
いま、検尿セットを受け取りながら、ゆうたも同じように興奮しているかも、と思うと、いよいよ股間が熱くなってきた。




「しょうじ、あのさ」

帰り際、ゆうたがこそこそと耳元に寄ってきた。

「明日の朝、早めに学校来れる?」

もしや、あんなこと、だろうか。

「来れるけど、なに?」

「尿検査さあ、ふたりでとりあいっこしねえ?」

さすがゆうた、考えてることほぼ同じだ。
まあおれは見せ合っこくらいを妄想してたから、ゆうたの方が一枚上か。

「バカだなお前。いいよ、じゃあいつものトイレでな」




翌朝、おれは検尿セットを握りしめて、空き教室の階のトイレに立っていた。
ドキドキして、無駄に早起きしてしまった。
家でトイレに行ってないから、まだ朝立ちもおさまってない。
ゆうたが来るまで我慢できるかなあ、と思ったそばから、足音が聞こえた。

「あ、いた。お待たせ。さっそくやろーぜ。おれもうおしっこ漏れそう」

マイペースなやつだな。まあおれも色んな意味でやばかったからちょうどいいけど。


[<<前*][#次>>]

41/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!