いっぱい飛んでけ!B*
今度は立場が逆転して、おれが扱かれるほうになってしまった。

「出る瞬間にこう、腰をふんっ!ってやったほうがいいと思うから、立ってやろうぜ」

ゆうたはまるで新しい遊びを思いついたように無邪気に言う。
なんだそのテンションは。

「おれはおまえのおもちゃじゃねえんだぞ?」


まあ結局やるんだけど。

ゆうたが壁にもたれて、それにおれが背中からもたれかかる。
で、すかさずゆうたの右手はおれの股間に回ってくる。
密着してるだけでもドキドキするのに、股間までまさぐられるなんて…
もともと熱かったそこが完全態になってしまった。

チャックが下ろされ、パンツをずらされる。
あ…今開けたら…

ぷるんっ!

恥ずかしい…
まだほとんど刺激してないのにこんなに…
ゆうたがどう思うだろう。

「ははっ、元気いっぱいだねー。でもちっちぇー」

「えっ…」

ズキッ

「あ、いや、そりゃAVとかの大人と比べたらな、まだ子どもだしなっ」

必死に弁解してくるけど、感情を反映したおれのちんこは芯をなくしていった。

「ああっ!だめだめ!元気だせしょうじのちんこ!」

あわてていっぱい扱いてくれる。
でもおれのちんこはそれに合わせてぷるぷる揺れるだけだ。
なんだか申し訳ない。

「…ゆうた…」

「な、なに?」

「おれの、好き?」

「え?好き…って、ちんこ?」

「こんなにちっちゃいけど、きらいじゃない?」

自分でもなに馬鹿なこと言ってんだろうと思うけど。
なんか切なくなってきちゃって。
ゆうたが好きすぎるせいかな。

「ちゃんと好きだって。しょうちゃんはぜーんぶかわいいよ。顔も、性格も、背とかこことかちっちゃいとこも、かわいくて好き」

うわ…
どうしよう、
胸がいっぱいってこういう感じかな。
いままでゆうたにこんな直球で好きって言われたことあったっけ。ないな。
そんなふうに思われてたんだ、
うれしい…

「こんなんでも、いいの?」

「むしろこの年であんなでかチンついてたら怖いって。大丈夫、大人になったら大きくなる、きっと!」

さすがムードメーカー、笑わすのがうまい。

「はは、きっとね」

「そ。だから今のうちは、かわいいイチゴみたいなちんちんでいて」

「イチゴ?」

「だって、真っ赤で、つやつやで、おいしそうなんだもん」

笑ってしまった。
おれがさくらんぼとか思ってたら、ゆうたはイチゴだって。
かわいいやつ。

「ゆうた、手、動かして」

「お、まかせとけ」

ゆうたの右手が再びおれのちんこを握った。
触れられたところから、ずくんと熱が広がる。
イチゴがゆっくりと首を持ち上げはじめた。

[<<前*][#次>>]

39/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!