【リク】ふたりだけの体育A*
「しょーうちゃん。どうしたの?大丈夫?」

「は、はなせ、トイレいくんだよ」

「だめ」

ぐっ

「わっ!」

ゆうたはおれの腕をつかんだまま、
トイレの裏手のもっと奥、
学校と隣りの神社の間にある雑木林に入っていく。

おれは直腸の不快感にたえながらも、
これから起こることに密かに期待してしまっていた。


「ここならいいか。しょうちゃん、下脱いで」

「ん…」

昼休み中途半端にされた熱が再び点火してしまった。
すぐに意識が朦朧としてくる。

下半身を露出して、枯れ葉の上にしゃがみ込む。
うんこ出せるんだ、ゆうたの見てる前で…

「違う違う。立って、で、ここに手ついて」

「へ?」

わけがわからないまま従うと、
細い木の幹にもたれて、ゆうたに尻を突き出す体勢になった。
つかこれ、出ちゃったやつ見られ…

「あっれー?しょうちゃんのおしり、くっさいぞ?なんでかなあ」

「あ…」

顔がかあっと熱くなる。

「なんか茶色いのがある。これなんだろうねー」

むちゅっ

「うあっ」

なんか当たってる。
指?だよなさすがに。
やけに熱いけど。

ずぬぬぬぬっ!

「うああっ!」

なんか入ってきたっていうかこの太さぜってえちんこだろ。
やばいって、こんな、腹ん中うんこぎっちりの状態で。
その上(そんなに大きくないけど)ゆうたのちんこまで押し込んだら、

「うぐ…あ…」

うんこが腸の奥に押し戻されて苦しい。
しかも今日は必死に穴を引き締めていないと、

「ちょ、締めつけキツいって、エロすぎ」

「うるせ、締めてないと、…出そうなんだよ」

「うんこが?」

こくこくと頷く。

「なるほど。おれのひょろひょろちんこじゃ、しょうちゃんのがばがばけつまんこ塞ぎきれなくて、うんこ洩れちゃうって?」

ゆうたはいつものからかいで言ったんだろうけど、
おれの胸にはその言葉が刺さった。
がばがばって…思われてたんだ…
ゆうたのこと、気持ちよくさせてあげれてなかったんだ…
どうしよう。
なんか、
泣いたら力抜けちゃうのわかってるのに、涙が出てきた。

[<<前*][#次>>]

34/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!