教育実習生と理科室C*
「アナルもほぐれたし、そろそろ浣腸しようか」

そう言って先生は
さっきのガラスの注射器と、
実験用のガラスのたらいを持ってきた。
たらいにはなみなみと水が入っている。
何をするつもりだ?

「これはね、グリセリンをぬるま湯で薄めたものです。グリセリンは、直腸内壁の水分を奪って、便意を誘発します。つまりどういうことかわかるかな、ゆうたくん」

なんか薬品の名前とか聞いてると怖くなってきた。

「うんこしたくなる…ってこと?」
「そうです。しかも無理やり腹痛を起こして出すから、未消化のものも出るんですね。つまり…」

先生が先を溜めていると、
しょうじが思い至ったらしく、急に狼狽し始めた。

「やっ!やだっ!そんなの無理だって」

そりゃそうだ。
俺がもしそんなことされそうになったら逃げる。
でも、しょうじのそういうシーン…
しょうじなら、見るだけなら…見てみたいかも。

「無理じゃないよ。わかるよね、お腹こわしてすっごくお腹痛いとき、すっごくうんちしたいとき、やっとトイレで出せたときの解放感」

うんと言わせようと誘惑する先生。
しょうじはまだ抵抗する。

「わざわざ痛くするとか、汚ねえとこ見られるとか、嫌だよ」

俺はちょっともどかしくなってきた。

「ゆうたくんはどう思う?見たいよね、しょうじくんの脱糞で気持ちよくなっちゃうとこ」

想像して生唾を飲む。

「み、見たい。俺見たいです」

先生はにっこり笑った。

[<<前*][#次>>]

27/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!