[携帯モード] [URL送信]

この物語は、ジム・ウィルスという方が書いたエッセイでTUNAMURA KENNELSさんより原文を頂きナチュラルハウンド店長さんが、オリジナルに日本語訳したものです。
●非営利目的であればどなたでもこの文をHPや雑誌等に載せることができます。
☆ページ一覧☆
1.私が子犬だった...
2.次第に、あなた...
3.そして、あなた...
4.保健所の人たち...
5.彼女は頬に涙を...
6.私は最後の力を...

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!