BUMP辞書
は行
バイバイサンキュー
BUMPの3rd Singleである「天体観測」のカップリングとして収録。
この曲のPVは絵本風味に仕上がっている。その中のキャラはメンバーになっている。
藤原氏は鍵を持っている男の子。
直井氏は王様と一緒にいた太陽。
増川氏は女の子が道を開いた花。
升氏はほくろのある雲。

ハイラインレコード
下北沢の「わかりにくい場所」にあるお店。インディーズ時代はここからCDを出していた。
店内の壁には、BUMP OF CHICKENのインディーズ時代の写真などが飾ってある。
「直井祭」が行われているのもここである。

箱根 
藤原氏が曲などにつまると決まって行く場所がここ。キャッチボールもここで作ったらしい。

バスケットボール
中学生の時4人共所属。4人とも万年補欠。升氏は試合で途中出場した事があるが自分のゴールにシュート。シュートは外れ自らリバウンドを取る。そしてもう1度自らのゴールへシュート。それも外れボールは外へ。その時升氏交代。升氏は尊敬する先生にスラムダンクの安西先生と答えた。

ハテナッチセブンクエスチョンズ
BUMPの5th Albumである「orbital period」の「隠しトラック」として収録BELIEVEの唄い手。
4th Video clip集「orbital period 」の隠しで映像でも収録されていたり1st シングルカップリング集
「present from you」ではデモテープ編を聞くことが出来る。
レッサー(升氏)がメンバーと作曲中にこのバンド名を提案したが他の3人はトリプルミーニングを推している。
ハテナッチ(藤原氏)、アンディーヌ(直井氏)、レッサー(升氏)、チョキオ(増川氏)によって構成。

バドミントン 
藤原氏と増川氏が「キャッチボール」を作った際にやっていたらしい。
公園で子供に指差されながらも、増川氏はプロ並の変化球をくりだしていた。

バトルクライ 
BUMPの1st Singleである「LAMP」のカップリングとして収録されている。2004年発売のFLAME VEIN」の7曲目にも収録されている。
鬨の声(ときのこえ)とも言う。「リリィ」に出てくる「大言壮語も吐いてやろう」はこの曲の歌詞からきている。

ハーモニカ
藤原氏が富士五湖に行った時、自分への土産として。300円、赤いハーモニカ、プラスチック製。(ユグドラシル藤原氏の持っているもの)
過去にブルースハープを吹いたが上手く出来なかったが、これすぐに上手く吹けた。それからはスクランブル交差点で吹いたり韓国にも行った。無くした時体の一部が無くなった気分になった。(友達の車内で発見)
他にもいくつかハーモニカを買ったらしいがこの赤いハーモニカが一番いいらしい。ちなみに最近プラスチック部分が割れてきたらしい。

番組からのオファー
ミュージックステーションなどの番組からのオファーの事である。
MステはBUMPにオファーを何度もしているが、BUMP側は断り続けているらしい。
佐倉のフリーライブやZeppTokyoのライブではMステから花束が届いている。
同様にNHKもオファーをしている。
紅白歌合戦のオファーまで来ているらしい。

ハルジオン 
BUMPの4th Single。
ハルジオンという花は実在する。PVに登場する花は、実はハルジオンではない。

番場秀一 
BUMP OF CHICKENがデビューしてからのPVなどの監督を手がけている。
メンバーからは「番場ちゃん」などと呼ばれ慕われている。

BUMP OF CHICKENのテーマ
初期のデモテープ等に収録されているのみの、現存しない幻の1曲。当時のライブでは必ず一曲目に演奏していたりして、BUMPのイントロダクション的な役目をしていた曲のようだ。
2月11日の福岡マリンメッセでメジャーデビュー以来久々に演奏された。BOCのテーマとも呼ばれている。

ピアノ
藤原氏はピアノを習っていた。レイ・チャールズのように鍵盤を弾くのに憧れ真似をしていたがピアノの先生に「卵を持つように」と言われた。それでも叩いて弾いていたら、鍵盤に画鋲を置かれ嫌いになった事がある。

久しブリーフ 
某ラジオ番組で藤原氏と増川氏が言っていた言葉。

ビデオポキール 
BUMPの1st Video Clip集。最後に「大富豪・大貧民のライブ」告知がついている。
スタッフロールの背景で流れている映像は第4回「直井祭」の模様である。ガラスのブルースのライブバージョンも収録されている。

ひゅ〜ぅ
「ポンツカ」やその他のラジオなどで何かがあるとしきりと上げる声。

ヒロさん 
BUMP OF CHICKENのギタリスト、「増川 弘明」のあだ名である。
ギターの力強さとは裏腹に、身体はとても細い。
他にも複数のあだ名を持つ(ニッケ等)。

秀ちゃん 
BUMP OF CHICKENのドラマー、「升 秀夫」のあだ名である。
「BUMP TV」等で、秀吉(ひできち)とも呼ばれていた。

fire sign
BUMPの4th Albumである「ユグドラシル」の11曲目に収録されている。
増川氏の誕生日に藤原氏が贈った曲。

藤くん
BUMP OF CHICKENのボーカル&ギター、「藤原 基央」のあだ名である。
メンバー以外にも様々な人にこの名で呼ばれている。

藤原 基央 
BUMP OF CHICKENのボーカル&ギター。
物凄く細い。絵が得意で色んな場面に彼の絵と、手書きの文字が見られる。

フジロック貯金 
メンバーが「フジロックフェスティバル」に行くためにしようとしていた貯金の事。
しかし実際貯金をしていたのは升氏のみで、升氏は一人でフジロックに行く事になった。

プラネタリウム
BUMPの10th Single。
このアイディアはユグドラシルがリリースされた頃からあったらしく、そのころから詞はあったらしい。
PVは厚木こども科学館で撮影した。

ベストピクチャー 
BUMPの2nd Albumである「THE LIVING DEAD」の3曲目に収録されている。
仮タイトルは「羨ましい」。電話でいつも喧嘩していた藤原氏に、直井氏が作った曲。

ベル 
BUMPの3rd Albumである「jupiter」の8曲目に収録されている。
当初タイトルは特に決まっていなかったらしい。

変体日記 
「増川日記」と天秤にかけられて結局ボツになった名前。
増川氏は投票の記入例として「正の字」を使っていた。しかし他のメンバーはそれに構いもせずに全く違う卑猥な絵を描いてしまった。

ベンチとコーヒー 
BUMPの3rd Albumである「jupiter」の6曲目に収録されている。
この曲の歌詞は藤原氏が実際に体験した1日の様子を唄っていて、直井氏の誕生日にプレゼントした曲である。
直井氏が藤原氏と電話してるときに、直井氏は、「ベンチとコーヒー」のことを、『便器とコーヒー』と聞き間違えた。

ボーキボッキー 
「ポンツカ」内でいきなりメンバーが言い出した掛け声。

ポーキングメール 
オフィシャルホームページ「HOMEポキール」で登録をすると送られてくるダイレクトメール。
貴重な情報が盛り沢山。

ポキール 
様々なライブやライブツアーのタイトルについていた名前。
BUMP OF CHICKENのメンバーが中学生の時に副会長だった女の人のあだ名だったらしい。

ポキレツ知恵袋 
BUMPの3rd Albumである「jupiter」の初回特典としてついてくるカード。全部で7種類ある。

ホセ 
BUMP OF CHICKENのギタリスト、「増川 弘明」のあだ名である。
由来は「細い→ほせぇ→ホセ」。

ポリスパトロール 
2002年に行われたライブツアー「LOVE&PORKIN」の別名。
全国をパトロールするという意味を込めてそう呼ばれていた。
タワーレコード発行フリーペーパー「TOWER」に掲載されていた升氏の連載のタイトルでもある。
この連載では升氏の撮影した写真などがタイムリーに載せられていた。現在は連載終了している。

ホリデイ 
BUMPの5th Singleである「スノースマイル」のカップリングとして収録されている。
単純にハッピーに聴ける曲が作りたかったらしい。
現実と妄想の二つの場面をギリギリにリアルに感じている曲。
藤原氏の格言「歩み寄んなきゃ歩み寄ってくんねぇ」

ポンツカ 
1999年10月3日よりスタートしたBUMP OF CHICKENのレギュラーラジオ番組のタイトル。開始当時は5分番組だった。
メンバー共通の友人のあだ名「塚ポン」の読み方を変えて、この番組名になった。
作家は前田さんという女性。


[前へ][次へ]
[戻る]


あきゅろす。
無料HPエムペ!