[携帯モード] [URL送信]

医呪師の娘
3


「どうするの、ガイアー。まずは宿をとる?」

エントラインはローブに付いたフードを深く被ったまま、脇に立つ男に訪ねた。

エントラインとの付き合いはそれなりに長いので、ガイアーには彼女の様子が、顔を見ずとも、それなりに分かる。

いつも能面のように無表情な彼女だが、今日は声色に疲れが滲み出ている。さすがの彼女も、旅の疲れと腐臭に耐えかねているらしい。

「いや、先に街の様子を見てからにしよう」

街への到着はほぼ予定通り。急ぎの旅ではない。

日もだんだんと、西の空に暮れ始めてきている。

今日は速やかに宿をとり、行動するのは明日からでも何ら支障はなかったが、エントラインが更に不機嫌になるのを承知でガイアーは言った。

ガイアーは、彼女が普段あまり他人に見せない感情を視るのが好きだった。

エントラインは極めて美しい少女であったが、めったに笑わないし怒らない。哀しまないし、泣かなかった。

いつも全身を茶色のローブで覆い、深めに被った頭のフードでその顔を隠していた。唯冷めた目で、この世界を傍観しているようであった。

正に能面、人形のように美しい彼女も嫌いではないが、たまにはこういう風に、意地悪をし、からかってやりたくなる。

「私は歩きすぎて疲れたのだけれど」

わざとらしいくため息をつき、エントラインは眼だけを動かしガイアーを睨みつけた。

彼女も同じく、ガイアーとの付き合いが長いので、彼が時に、彼自身の快楽の為にこちらを挑発してくる事を知っていた。

そんな茶番につきあう気はない、と彼女は一瞥する。

「困ったお姫様だ。なら、好きにするといい。」

大げさに肩を竦め、ガイアーはクスリと笑った。彼は懐から小銭入れを取り出すと、それをエントラインに向かって放り投げた。

金貨の詰まった麻袋は華麗に空を切り、ジャラリと音を立てて、エントラインの足元に落ちる。

「この先の宿で待ってるわ」

エントラインは袋を拾い上げ、にこりともせずその場を立ち去った。

「全く、うちのお姫様は――。」

エントラインの後姿が、小さくなりやがては街の方へと消えていく。

食えないやつだと思いながらも、そんなエントラインが嫌いではない自分が、ガイアーには無性に可笑しく思えた。



[*前へ][次へ#]

4/6ページ

[戻る]


無料HPエムペ!